ミルース橋

マーカーはミルース橋です。

ミルース橋(Puente de Miluze)
[アルガ川に架かる中世の橋がいくつかある。サンタ・エングラシア橋、ミルース橋、マグダレーナ橋サン・ペドロ橋である。  (wikipedia・パンプローナより)]

[ミルース橋(バスクのミルツェ)は、スペインナバラ州のパンプローナ市にあります。この橋はアルガ川を横断し、サン・ホルヘ(San Jorge)周辺に位置しています。 それは最西端の橋であり、都市の市街地から離れています。
ローマ橋起源の中世の石橋。これは、13世紀初頭の文書にすでに記載されています。 19世紀に再建されています。おそらく、19世紀初頭のスペイン独立戦争(1808年 – 1814年)で意図的に破壊されたのでしょう。1875年には、鉄道の近く、橋の隣に缶詰工場がありました。
最も古い部分は、石で作られた3つの半円形のアーチ、地覆の内側です。現在は路面中央にポールが埋められ歩行者専用として使用されています。1939年に歴史的芸術的建造物(Monumento Histórico-Artístico)として宣言されました。
ただし、このブリッジの最も興味深い側面は、その名前に関係しています。その語源はいくつかの理論を目覚めさせました。最も伝説で有力とされるものは、そこで起こった悲劇的な出来事とミルースの名前を関連付けています:1351年4月に、何人かの紳士がナバラ王カルロス2世(在位:1349年 – 1387年)に直訴したために絞首刑にされました。または、別のバージョンによると、君主の代議員が受けた治療について不平を言いました。王様は怒って、その場で処刑を命じました。彼らは橋から吊るされ、吊るされた男性の長い舌(バスク語でミヒ・ルーズ(mihi luze))は石橋に名前を与えました。ただし、橋名は事前に文書化されており、最も可能性があるのは、フェンネル(hinojal、バスク語・milu)に由来するものです。信頼性が小さい別の仮説は、それをアミール・ルーズ(amil luze・長い絶壁)に関連付けています。また、この橋で、アララルの天使(Ángel de Aralar)はパンプローナに別れを告げます。
東方向から見たミルーズ橋・wikipedia-photo、ミルーズ橋北東面・wikipedia-photo、北から見たミルーズ橋・wikipedia-photo、ミルーズ橋北西面・wikipedia-photo、西方向から見たミルーズ橋半円形のアーチ・wikipedia-photo]

アルガ川公園(Parque fluvial del Arga – Pampiruna)
アルガは、パンプローナを通る主要な川です。この公園は、徒歩または自転車で河岸に沿って川の全経路をカバーするように設計された11キロメートルのトレイルと休憩およびレクリエーションエリアで構成されています。途中で、美しい自然の風景やその他の興味深い要素を見ることができます。次に、西から東への方向に沿って最も興味深いものを表示します。つまり、川の流れの反対です。

1.-ミルース橋、2.-サンタ・エングラシア橋、3.-プラザラ橋とトンネル、4.-ロシャペア橋、5.-パウダーミルの遺跡、6.-サン・ペドロ橋、7.-マグダレナ橋、8.-歩道橋、9.-カパロソミル、10.-ゴニファーム

Puente De Miluce – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がミルース橋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*