レディンの要塞壁

マーカーはレディンの要塞壁です。

レディンの要塞壁
[カスティーリャ王国(1035年 – 1715年)による併合後、フェルナンド5世(アラゴン王・在位:1479年 – 1516年、カスティーリャ王・在位:1474年 – 1504年)は1513年に、中世の城と非常に近接した場所にある新しい城の廃棄を命じた。しかし、大砲の進化が要塞化システムの完全な刷新を要求した。フェリペ2世(在位:1556年 – 1598年)は市南側に星型要塞(城塞公園)の建設と、全ての城壁の現代化を命じた。16世紀終わりから18世紀にかけて建てられた城壁は現在も残っている。  (wikipedia・パンプローナより)]

[この門を抜けて旧市街地内へ入り、坂道を上がっていくと、BALUARE DEL REDIN(レディンの要塞壁)という地区に出る。この要塞壁は、1540年に建設されパンプローナで一番古いものだそうだ。  (「パンプロナの魅力的な散歩道をご紹介! – エイビーロード」より)]

Baluarte de Guadalupe – Google Map 画像リンク」「Revellín de los Reyes – Google Map 画像リンク」「Mirador de Caballo Blanco – Google Map 画像リンク

レディンの要塞壁上からのカメラです。

レディンの要塞壁下からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*