アリアガ劇場

マーカーはアリアガ劇場です。

アリアガ劇場
[アリアガ劇場(スペイン語: Teatro Arriaga)は、スペインバスク自治州ビスカヤ県ビルバオにあるネオバロック様式(バロックリバイバル)の歌劇場(オペラハウス)。
設計はホアキン・ルコバ。1885年から1890年に建築工事が行われ、1890年5月31日に開場した。初演はアミルカレ・ポンキエッリラ・ジョコンダである。ルコバの作品にはビルバオ市庁舎などもある。名称は「スペインのモーツァルト」として知られた作曲家のホアン・クリソストモ・アリアーガに由来している。1914年12月22日には火災被害に遭った。1983年8月23日にはビルバオを集中豪雨が襲った。ネルビオン川が氾濫して劇場は深刻な被害を受け、1985年には大規模な修繕工事が行われた。
ビルバオの旧市街であるカスコ・ビエホの北西端にある。建物の西側はネルビオン川に面しており、アレナル橋を挟んで対岸にはビルバオの中心駅であるビルバオ=アバンド駅がある。ビルバオ・トラムの最寄り駅はアリアガ駅である。
アリアガ劇場・wikipedia-photo、アリアガ劇場裏側・wikipedia-photo、ロビー・wikipedia-photo、舞台・wikipedia-photo、客席・wikipedia-photo  (wikipedia・アリアガ劇場より)]

アリアーガ劇場 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がアリアガ劇場です。

アリアガ劇場エントランスホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*