サントス・フアネス教会

マーカーはサントス・フアネス教会です。

サントス・フアネス教会(スペイン語:Iglesia de los Santos Juanes)
[サントス・フアネス教会は、スペインバスク自治州ビスカヤ県ビルバオの17世紀に古典的なバロック様式で建てられ教会で、18世紀までは、イエズス会のコレヒオ·デ·サンアンドレス(Colegio de San Andrés)という教会でした。教会は、バンコ・デ・スペイン通りとクルス通りの合流点に位置しています。
イエズス会は、Domingo de la Gorgollaからの寄付のにより、教会の建築を進め、1622年、教会の建設はイエズス会のラミレス神父が策定した計画に始まり、20年後に3つのセクションに分かれ後列部分は、クルーズ(crucero)を除いて終わりました。30年の中断の後、クルーズの建築が1672年に Manuel Ceballos と Mateo del Ríoによって再開され、その3年後、石工であるFrancisco de Elorriagaは、天井の上に丸天井ドームの建設を開始しました。
1767年にイエズス会が追放され、教会はビルバオ市議会に引き渡され、ポルタル・デ・サムディオ(Portal de Zamudio)で活動していたサン・アンドレス大学の施設として使用され、回廊を持つ邸宅部分は医療施設として使用されました。1769年に、Ibeni地区から ベラクルスの同胞団(Cofradía de la Vera Cruz)の本部であった、聖人ヨハネ(洗礼者ヨハネ福音記者ヨハネ)の歴史的な教区教会が移動してきました。
教会は1983年の壊滅的な洪水後に復元され、古典期の顕著なバロック様式の寺院として知られています。
サントス・フアネス教会平面図

「サントス・フアネス教会ファサード」・wikipedia-photo、教会身廊と祭壇・wikipedia-photo、中央身廊のボールト・wikipedia-photo、教会平面図・wikipedia-photo、サイドの祭壇・wikipedia-photo祭壇画wikipedia-photo、Vaultのクルーズ・wikipedia-photo、洗礼フォント・wikipedia-photo、「サンファンバウティスタ、祭壇画」・wikipedia-photo、イエスの洗礼(絵画)・wikipedia-photo]

Joan Santuen eliza – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサントス・フアネス教会です。

サントス・フアネス教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*