チャバリ宮殿

マーカーはチャバリ宮殿です。

チャバリ宮殿
[チャバリ宮殿(スペイン語: Palacio Chavarri)は、スペインバスク自治州ビスカヤ県ビルバオにあるフランドル様式の建築物。
1888年、資本家のビクトル・チャバリとその弟の住居として建設された。建築家のポール・アンカールが設計を担当し、その様式はルネサンス期にフランドル地方アントウェルペンブルッヘ(いずれも現ベルギー)に建設された宮殿(パレス)に似通っている。チャバリの名前はビクトル・チャバリ通りなどにも残っている。最大の特徴は、同種の窓を持つ建築物が存在しないことである。1943年からはビスカヤ県におけるスペイン政府の庁舎として使用されている。
ビルバオの中心的な広場であるモジュア広場周辺でもっとも目立つ建築物である。ビルバオ・グッゲンハイム美術館などに近く、最寄駅はビルバオ・メトロ L-1、L-2のモジュア駅である。近隣にはカールトン・ホテルなどが存在する。
チャバリ宮殿・wikipedia-photo、「モジュア広場(手前)、チャバリ宮殿(左)、イベルドローラ・タワー(中央奥)」・wikipedia-photo、「モジュア広場(手前)、チャバリ宮殿(右奥)」・wikipedia-photo  (wikipedia・チャバリ宮殿より)]

チャバリ宮殿 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がチャバリ宮殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*