デウスト大学

マーカーはデウスト大学です。

デウスト大学
[デウスト大学(スペイン語: Universidad de Deusto、バスク語: Deustuko Unibertsitatea)は、スペインバスク自治州にある大学。イエズス会によるカトリック大学である。メインキャンパスと本部はビスカヤ県ビルバオにあり、ギプスコア県サン・セバスティアンにもサブキャンパスを持つ。
イエズス会によって、デウスト大学は1886年に開校した。巨大な建物は建築家のマルケスによって設計され、当時はビルバオ最大の建物だった。ビルバオのメインキャンパスは、ネルビオン川を挟んでビルバオ・グッゲンハイム美術館の対岸のデウスト区に立地している。大学名にもなっているデウスト区はビルバオの一地区だが、創立当時はビルバオから独立した基礎自治体だった。1916年に設立されたビジネスカレッジは、50年近くもスペインで唯一のそれであり、1973年に経済学・経営学部となった。
スペイン内戦と戦後
1931年のスペイン第二共和政成立はデウスト大学に大きな影響を与えた。1932年1月23日、スペイン政府は政令でイエズス会の会社を解散させ、イエズス会が所有する大学は閉鎖された。いくつかの講義はビスカヤ文化学院で続けられ、経済学部の講義はスペイン内戦の勃発まで通常通り行われた。スペイン内戦中(1936年7月 – 1939年3月)の大学は軍事基地となっていたが、1937年にビルバオが陥落すると、病院、食料供給センター、強制収容所として使用された。1940年10月に授業が再開された。
1962年時点で、デウスト大学の名前はバスク自治州全域やスペイン全土で広く知られており、卒業生は実業界、政治界、文化界などで活躍していた。しかし、イエズス会が設置したカトリック大学であるデウスト大学での研究は公認されておらず、州立大学での学位認定試験を受験する必要があった。このため、社会的には大学として認知されていたが、公認を求める行動が行われた。1962年4月5日、スペイン政府とローマ法王庁はカトリック大学の法的地位を認めることで合意に達し、1963年8月10日、デウスト大学はローマ法王庁による公認を受けた。
ビルバオキャンパス・wikipedia-photo、デウスト大学の本部棟・wikipedia-photo  (wikipedia・デウスト大学より)]

University of Deusto – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がデウスト大学本部棟です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*