ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園

マーカーはドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園噴水広場です。

ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園
[ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園(スペイン語: Parque Doña Casilda Iturrizar)は、スペインバスク自治州ビスカヤ県ビルバオアバンド地区インダウチュ街区にある都市公園。
名称は土地を寄贈したカシルダ・イトゥリサルに由来している。ドニャ(Doña)は女性の尊称で、スペイン語のSenola、英語のMrs.とほぼ同じ意味である。リカルド・バウティダによって設計されたイギリス式庭園であり、1907年に開園した。敷地の東端にビルバオ美術館が開館するなどし、20世紀の間に公園面積はかなり縮小している。現在の面積は8.52ヘクタールである。
樹齢100年以上の木々が植えられている。西側には蔓が張った東屋に囲まれた噴水があり、中央部にはアヒル、ガチョウ、白鳥など多くの種が生息している池がある。この池が由来となり、地元ではアヒル公園(Parque de los Patos)と呼ばれている。近年まではビルバオの中心部で唯一の大規模な都市公園だった。北辺はアバンドイバラ地区の再開発地区に接しており、ビルバオ・グッゲンハイム美術館アルオンディガ・ビルバオエウスカルドゥナ国際会議場・コンサートホールイベルドローラ・タワーなどに近い。ビルバオ・トラムではサビノ・アラナ停留所が最寄り駅である。
ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園・wikipedia-photo、公園とイベルドローラ・タワーwikipedia-photo、蔓が張った東屋・wikipedia-photo、蔓が張った東屋(2)・wikipedia-photo、レリーフ・wikipedia-photo  (wikipedia・ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園より)]

Fuente cibernética del Parque de Doña Casilda (Bilbao) – Google Map 画像リンク

ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園のストリートビューです。

蔓が張った東屋に囲まれた噴水広場のストリートビューです。

ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園アヒル公園(Parque de los Patos)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*