ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通り-2

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    関連リンク – 「ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通り-1」、「チャバリ宮殿

    ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通り
    [ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通り(バスク語 : On Diego Lopez Haroko kale nagusia, スペイン語: Gran Vía de Don Diego López de Haro)は、スペインバスク自治州ビスカヤ県ビルバオの主要な通りのひとつ。
    1300年にビルバオを建設したビスカヤ領主のディエゴ・ロペス・デ・アロ5世(Diego López V de Haro)が名称の由来である。パブロ・デ・アルソラ、セベリノ・デ・アチュカロ、エルネスト・デ・ホフマイヤーの3人の建築家によってビルバオの拡張が計画された1876年、アバンド区をビルバオに併合させる際に通りの建設が考案された。
    ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通りの幅員は50m、延長距離は1.5kmである。ビルバオ=アバンド駅ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)本社ビルの脇にあるシルクラル広場から始まり、ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園エスタディオ・サン・マメス・バリアに近い聖心広場で終わる。シルクラル広場から500m、聖心広場から800mの位置には8方向から道路を集めるモジュア広場がある。東に約3kmの距離の通りの延長線上にはベゴニャ教会の尖塔があり、聖心広場の聖心像、大通り、ベゴニャ教会の尖塔がパリの歴史軸のように一直線に並ぶ。  (wikipedia・ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通りより)]

    カメラ位置はモジュア広場で、カメラ西北西方向がドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通りです。

    カメラ位置は聖心広場で、カメラ東南東方向がドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通りです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *