ビルバオ・グッゲンハイム美術館

マーカーはビルバオ・グッゲンハイム美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ビルバオ・グッゲンハイム美術館

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
[ビルバオ・グッゲンハイム美術館(スペイン語: Museo Guggenheim Bilbao, 英語: Guggenheim Museum Bilbao)は、スペインバスク自治州ビスカヤ県ビルバオにある美術館。近現代美術が専門であり、1997年10月18日に開館した。アメリカのソロモン・R・グッゲンハイム財団が設立したグッゲンハイム美術館の分館のひとつであり、建築家のフランク・ゲーリーが設計を担当した。
ビルバオ市中心部のアバンド地区にあり、ビルバオ市内を流れるネルビオン川に隣接している。国内外の作家による常設展示や特別展示が行われている。ビルバオ・グッゲンハイム美術館の建物は現代建築でもっとも称賛される作品のひとつであり、「この建物についての評価で批評家・学者・公衆が完全に一体となる稀な瞬間」があるとして、「建築文化における注目に値する瞬間」(signal moment in the architectural culture)として称えられている。2010年に世界建築調査機関が建築家に対して行った調査では、1980年以降の30年間でもっとも重要な建築物のひとつとして頻繁に名前を挙げられる。2007年の入場者数は1,002,963 人、2008年の入場者数は951,369人だった。
建物はフェロビアル社によって建設され、建設費用は8,900万USドルだった。建物は日程面でも予算面でも予定通りに建設され、この種の建築物の中では稀な部類である。KLMオランダ航空は建築費として100万USドルを寄付した。1997年10月17日、正式開館日の前夜に屋外で行われたプレオープンイベントには5,000人のビルバオ市民が出席し、ライトショーやコンサートなどを楽しんだ。10月18日、フアン・カルロス1世によって開館が宣言された。
「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」・wikipedia-photo、空から見た美術館・wikipedia-photo、「ガラス、チタニウム、石灰岩で覆われた建物」・wikipedia-photo、「ジェフ・クーンズ – 『パピー』」・wikipedia-photo  (wikipedia・ビルバオ・グッゲンハイム美術館より)]

ビルバオ・グッゲンハイム美術館ホームページ

ビルバオ・グッゲンハイム美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がビルバオ・グッゲンハイム美術館です。

カメラ初期設定方向がビルバオ・グッゲンハイム美術館エントランスです。

カメラ北方向がビルバオ・グッゲンハイム美術館エントランスです。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館エントランスホールのカメラです。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館展示ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*