ビルバオ大聖堂

マーカーはビルバオ大聖堂です。

ビルバオ大聖堂(Bilbao Cathedral)
[サンティアゴ大聖堂(スペイン語:Catedral de Santiago、バスク語: Donejakue Katedrala)は1950年代に大聖堂を公式に宣言された、ビルバオ市のカトリック大聖堂です。その起源は、おそらく、ビルバオが1300年代に都市基礎が出来る以前、小さな漁師町だった時代まで遡ります。
ビルバオはサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路北の道の途上にあったため、それにちなんでゼベダイの子のヤコブ(聖ヤコブはスペイン語で「サンティアゴ(Santiago)」となる)が聖別され、教会が建設されました。
現在の建物の建築は次の様式の混合です:15世紀ゴシック建設のCorreo通り(Puerta del Angel)に面する美しいポータル(入り口)からアクセスできる、興味がそそられる回廊ヴォールト(アーチ形天井)、ゴシック・リヴァイヴァル建築の派手なファサード尖塔
興味がそそられるのは、メインヴォールトの控え壁に沿って地元の商人による石の彫刻の追加です。
ビルバオ大聖堂は、しばしばサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂と間違われる。
メインファサードと尖塔・wikipedia-photo、ゴシックリバイバル様式の大聖堂の表玄関・wikipedia-photo、クワイヤ・wikipedia-photo]

サンティアゴ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がビルバオ大聖堂です。

ビルバオ大聖堂メインゲートのカメラです。

ビルバオ大聖堂北ゲートのカメラです。

ビルバオ大聖堂身廊のカメラです。

ビルバオ大聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*