ビルバオ美術館

マーカーはビルバオ美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ビルバオ美術館

ビルバオ美術館
[ビルバオ美術館(スペイン語: Museo de Bellas Artes de Bilbao, バスク語 : Bilboko Arte Ederren Museoa, 英語: Bilbao Fine Arts Museum)は、スペインバスク自治州ビスカヤ県ビルバオにある美術館。ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園の敷地内に位置している。
ビルバオ・グッゲンハイム美術館に次いで、バスク自治州で2番目に規模の大きな美術館であり、バスク自治州でも来館者数の多い美術館のひとつである。ドニャ・カシルダ・イトゥリサル公園の北辺はアバンドイバラ地区の再開発地区に接しており、ビルバオ・グッゲンハイム美術館、アルオンディガ・ビルバオエウスカルドゥナ国際会議場・コンサートホールイベルドローラ・タワーなどに近い。ビルバオ・トラムではサビノ・アラナ停留所が、メトロ・ビルバオではモジュア駅が最寄り駅である。
歴史
1914年に開館したビルバオ美術館(Museo de Bellas Artes de Bilbao)、1924年に開館した現代美術館(Museo de Arte Moderno)の収蔵作品を総合したものがビルバオ美術館の収蔵作品の基となっている。地元機関や個人収集家からの寄贈、美術館による購入によって、その後の基本的なコレクションが形成された。2001年にはリニューアルオープンし、敷地面積が6,500m2に拡大された。2004年には新館が完成し、旧館とは廊下で結ばれている。旧館では主に中世から近代の作品を、新館では主に現代の作品を展示している。2010年の入館者数は192,000人、2011年の入館者数は260,000人、2011年の入館者数は295,655人だった。
コレクション
絵画、彫刻、デッサン、版画、装飾芸術などの分野で、12世紀から現在までの約8,000点を所蔵している。エル・グレコバルトロメ・エステバン・ムリーリョフランシスコ・デ・ゴヤなどスペインの画家の作品に加え、アンソニー・ヴァン・ダイクヤーコプ・ファン・ロイスダールベルナルド・ベッロットメアリー・カサットルーカス・クラナッハポール・ゴーギャンジェームズ・アンソールフランシス・ベーコンなどの作品もあり、中世から現代にかけての非常に包括的なコレクションとなっている。日本の作家では歌川国貞歌川広重浮世絵を収蔵している。
ビルバオ美術館・wikipedia-photo、2004年完成の新館・wikipedia-photo  (wikipedia・ビルバオ美術館より)]

ビルバオ美術館ホームページ

ビルバオ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がビルバオ美術館です。

ビルバオ美術館エントランスホールのカメラです。

カメラ東方向にアンソニー・ヴァン・ダイク作『死んだキリストに対する嘆き(Lamentation over the Dead Christ)』(1634-1640年頃)が、カメラ北方向に同じ題材のピーテル・クック・ファン・アールスト(Pieter Coecke van Aelst・ 1502 – 1550)の作品があります。

肖像画のある部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*