サン・ニコラ教会(Chiesa di San Nicola)

マーカーはサン・ニコラ教会(Chiesa di San Nicola)です。

サン・ニコラ教会(Chiesa di San Nicola)
[サン・ニコラ教会は、イタリアトスカーナ州ピサにある教会です。
サン・ニコラ教会は、1097年に付属の修道院とともに初めて記録されました。1297〜1313年、聖アウグスチノ修道会はそれを拡大しました。おそらくジョヴァンニ・ピサーノ(東側)の設計によるものでしょう。17世紀には、祭壇とマテオ・ニゲッティ(Matteo Nigetti)によるサクラメント礼拝堂が追加され、建物が復元されました(1614)。ファサードはピラスターストリップ(通常、構造的機能を持たない柱形。一続きのピラスター・ストリップは、ロマネスク様式建築に特有の外壁の装飾を形成した。)、ブラインドアーチ(実際の開口部がなく、装飾要素として壁の表面に適用されたもの)、ロズンジを特徴とし、12世紀のインターシャ(象眼細工のようなはめ込み模様をつくる柄編み)で装飾されています。インテリアには、『聖母子』のパネル(マテオ・トレイニ(Matteo Traini)作、14世紀)と『ペストからピサを守った聖ニコラス』(15世紀)、ジョヴァンニ・ステファノ・マルチェッリ(Giovanni Stefano Marucelli)とジョヴァンニ・ビリバーティ(Giovanni Biliverti)のキャンバス、ジョヴァンニ・ピサーノの十字架、ニーノ・ピサーノ(Nino Pisano)の『聖母子』とフランチェスコ・ディ・ヴァルダンブリノ(Francesco di Valdambrino)の『受胎告知』。
屋根付きの通路は、教会とカントーネ塔、そしてそこからヴェドーヴ宮殿(Palazzo delle Vedove)に繋がっています。そこから、メディチ家の紳士が通りを歩くことなく教会にたどり着きました。
鐘楼
八角形の鐘楼は、ピサの斜塔に次いで市内で2番目に有名で、おそらく1170年に建てられました。証拠はありませんが、他のより有名な建築物の設計者不詳の場合のように、建築家はディオチサルヴィ(Diotisalvi)のようです。もともとは近くの建物から分離されていました。 また、わずかに傾いています。 基礎は現在の道路の下にあります。
下部は、菱形を含むブラインドアーチのある両側の上部から始まります。その代わりに、ベルは、両側に1つのマリオン窓が付いた良い計画があり、列で支えられた小さなアーチのあるギャラリーに囲まれています。 尖端の形状はピラミッド型です。
さまざまな場所の石を使用して、多色効果が得られています。
教会ファサード・wikipedia-photo、鐘楼とファサード・wikipedia-photo、鐘楼の上部・wikipedia-photo]

San Nicola, Pisa – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサン・ニコラ教会ファサードです。

カメラ東北東方向がサン・ニコラ教会ファサードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*