サン・パオロ・ア・リパ・ダルノ教会(Chiesa di San Paolo a Ripa d’Arno)

マーカーはサン・パオロ・ア・リパ・ダルノ教会(Chiesa di San Paolo a Ripa d’Arno)です。

サン・パオロ・ア・リパ・ダルノ教会(Chiesa di San Paolo a Ripa d’Arno)
[サン・パオロ・ア・リパ・ダルノ教会は、ピサのルンガルノ(Lungarno)にある同名の広場にあります。 古い大聖堂としても知られています。 背面にはサンタガタ(Sant’Agata)の礼拝堂があります。
ピサ・ロマネスクの傑作の1つに挙げられ、1000年前の9世紀または10世紀に設立され、1032年から文書に記述されています。ベネディクト会の修道士に属し、1092年からはバロンブロサン(Vallombrosani)の座でした。12世紀の半ば頃、教会は内陣から始まって現代のピサ大聖堂に似た形に拡大され、1149年に教皇エウゲニウス3世(在位:1145年 – 1153年)によって奉献されました。後に教会の残りの部分が建設されました。北面と左側の大理石の外装は13世紀半ばに割り当てることができますが、ファサードは14世紀に完成しました。大聖堂の建設中、教会内部が完成し礼拝と公的行事を行う能力を備えました。後に教会と修道院はランドルフォ・マラマウロ(Landolfo Marramauro)枢機卿へ権限を委ね、16世紀にはサントステファノ騎士団(Ordine di Santo Stefano papa e martire)に任命されました。18世紀の終わりにトスカーナ大公ピエトロ・レオポルド(神聖ローマ帝国のローマ皇帝・在位:1790年 – 1792年)、トスカーナ大公・レオポルド1世・在位:1765年 – 1790年)による秩序の抑圧により、教会は教区教会になりました。
19世紀にはいくつかの修復が行われましたが、建物は第二次世界大戦中に重大な損傷を受けたため、1949年から1952年の間に再び修復されました。
戦後の改修の後、教会のサンタガタ(Sant’Agata)の礼拝堂の周囲の建物のほとんどは取り壊されました。
2012年、老朽化により閉鎖され、2016年10月から、CEI、ユニコープ・フィレンツェ(Unicoop Firenze)、ピサ財団(Fondazione Pisa)、およびクラウドファンディングキャンペーンの支援を受けて修復が始まりました。修復は2018年5月に完了し、宗教活動は2019年3月に再開しました。
説明
教会内にはエジプトの十字架(またはコミッサ(Crux commissa))があり、3つの身廊袖廊の交差点にドームがあります。
外周では、2色の帯の大理石の覆いにはローマの大理石が使用されていますが、これは教会の全周に沿ってはおらず、建物の南側に現在は消滅している修道士修道院の存在を示唆しています。
ファサードには2段の斜面があり、ピラスター(付柱)、オクルスまたはロゼンジ(Losange・菱形)を囲む5つのブラインドアーチ、その下に3つのポータルがあります。上部には、3段配列のロッジアがあり、石づくりの装飾、細い柱、丸いアーチがあります。14世紀の初めに完成しました。
内部では、縦アームは、わずかに鋭角な柱と弧によって3つの身廊と7つのエリアに分割され、クレストリー(側廊の屋根の一番高い位置から上の身廊の壁部分に明けられた窓(あかり取り))の厚い壁(上)と側面の通路(側面の下)に通じる薄い窓に照らされています。天井は、中央の身廊と側面の通路の両方に見える明るい木製のフレームワークでできています。
教会正面・wikipedia-photo、ファサード・wikipedia-photo、翼廊・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、袖廊入口上部の詳細(1)・wikipedia-photo、袖廊入口上部の詳細(1)の上の詳細・wikipedia-photo、20世紀初頭の彫刻・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンパオロアリパダルノ教会の画像やその他のファイルが含まれています。]

San Paolo a Ripa d’Arno – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がサン・パオロ・ア・リパ・ダルノ教会です。

カメラ初期設定方向がサン・パオロ・ア・リパ・ダルノ教会です。

カメラ南方向右がサン・パオロ・ア・リパ・ダルノ教会後陣で左にサンターガタ礼拝堂です。

カメラ北東方向がサンターガタ礼拝堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*