トゥットモンドの壁画

マーカーはトゥットモンドの壁画です。

トゥットモンドの壁画(Tuttomondo)
[トゥットモンドの壁画は、ピサのサンタントーニオ教会 (Chiesa di Sant’Antonio abate)の修道院の外壁に1989年にキース・ヘリングによって作成された大きな壁画です。
壁の表面の大きさは約180平方メートル(高さ10メートル、幅18メートル)です。 それはヨーロッパでこれまでに作られた最大の壁画であり、アメリカの芸術家の最後の公共作品であり、永続するように設計された唯一の壁画です。
『ピサはすごい。 どこから始めればいいのかわかりません。 これは、これが私がこれまでに行った中で最も重要なプロジェクトの1つであることを今、認識しています。』(1989年6月19日、キース・ヘリング)
キース・ヘリングは、ニューヨークでピサの若い学生、ピエルジョルジョ・カステラーニに出会い、トスカーナの街での滞在を勧められました。ここでは、アーティストは壁画を作成するというアイデアを持っていました。利用可能な唯一のスペースは、第二次世界大戦の爆撃中に部分的に破壊されたサンタントーニオ・アバテ教会の修道院の北側にある大きな外壁でした。芸術家、市町村、修道院の教区司祭の間で合意に達したおかげで、作品は完成しました。
アーティストは1989年6月にわずか4日間で素晴らしい壁画を描きました。壁全体を白塗りし、黒で人物の輪郭を描いた後、ヘリングは、実現に必要な塗料を寄贈したヴィコピサーノ(Vicopisano)のカパロール・センター(Caparol Center)の塗装工場の学生と職人の助けを借りて壁画を着色して作品を完成しました。
5分間の宣伝用ビデオであるThe Live Artと、27分間のドキュメンタリーインタビューであるTuttomondoの2つのビデオが、実現プロセス全体を記録しています。両方のビデオは、アンドレア・ソルダーニ(Andrea Soldani)監督によって撮影されました。彼は、都市で撮影されたヘリングとのポラロイドに関する動画の実験も行いました。仕事に対する人々の大きな関心と緊急のインタビューにより、ヘリングは次のように宣言しました。
『タイトル? 難しい質問です。タイトルにタイトルを付けたことはありません。この絵にもタイトルはありません。』
ヘリングは彼の作品にタイトルを付けることはめったになく、その大部分は時間の経過とともに消滅する運命にある大都市の落書きでした。作者によって提案されたタイトルは、イタリア語で直接、象徴的な意味を表す言葉で表現しています。それは世界の平和と調和を象徴しています。
通常1日で作成される他のヘリングの絵画とは異なり、Tuttomondoは1週間かかって作成されました。アーティストはこの作品の作成に多大な努力を払いました。使用された塗料と最近の修復により、作品はその素晴らしさを損なわずに残っています。
彼の日記の中で、作者は食物、都市、人々の反応に対する当時の熱意を報告しました。
『天気はきれいで、食事はさらに良くなりました。 絵を描くのに4日かかりました。 壁の前にあるホテルに泊まっているので、寝る前と目が覚めると見えます。 常に誰かが見ています(この夜も午前4時)。 人々の反応を見るのは本当に面白いです。』(1989年6月19日、キース・ヘリング)
説明
この絵は、世界の平和と調和を象徴するために互いに結びついて連動した、偉大な活力の30人のダイナミックな人物を描いています。壁画の中央には、ピサのシンボルである「ピサの十字架」があり、4人の人間の姿が人生の高さでつながっています。上の方では、男は肩にイルカを持ち、犬、猿、鳥は左に現れます。自然との人間の絆は世界の調和に不可欠です。右上には、善を象徴するハサミのペアがあり、2人の人物の連合として表され、悪を象徴するためにヘビを2つに切っています。子供を抱く女性と頭の代わりにテレビを持った男性は、人生の自然さとそのリズムをゆがめる技術とのコントラストを表しています。黄色い人は、マトリオスカのように上部から見ることができ、威圧的な人、権利、義務を持つ人でさえ、他のすべての人と等しいことを象徴しています。中央にいる2人のシャム双生児が体幹運動に参加し、右側の2人が肩の高さで参加していることは、おそらく原子力災害に対する非難です。一番下の通りのレベルで、黄色い歩行者が描かれています。それは、ピサの塔の方向に進む前に、作品に熟考の瞬間を捧げる大衆、通行人、または観光客を表しています。
復元
作業が完了してから約20年後の2011年、ジュリア・グルーエン(Julia Gruen)監督のヘリング財団は、サンタントニオ広場の壁画をきれいにする機会を真剣に評価しました。米国財団は、作品を1989年にすでに無料で色を塗るための絵の具を提供している会社であるカパロール・センター(Caparol Center)に作品を委託することを提案しました。 修復を開始するために、ピサ市、ヘリング財団、カパロール自体の間で合意がありました。2011年11月16日、壁画の保存と修復プロジェクトの最初の行為が完了しました。 2012年春には、プロジェクトの第2フェーズである壁画の老化プロセスを遅らせるための保護物質の適用が計画されています。
サンタントーニオ教会修道院壁のトゥットモンドの壁画・wikipedia-photo]

Tuttomondo by Keith Haring – Google Map 画像リンク

サンタントーニオ教会修道院壁のトゥットモンドの壁画前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*