パラッツォ・ガンバコルティ(Palazzo Gambacorti)

マーカーはパラッツォ・ガンバコルティ(Palazzo Gambacorti)です。

パラッツォ・ガンバコルティ(Palazzo Gambacorti)
[パラッツォガンバコルティはピサの歴史的な建物です。ピサのルンガルノ(Lungarni di Pisa)で最も有名な建物の一つです。1370年から1392年の間に建てられ、ルンガルノ・ガンバコルティ(Lungarno Gambacorti)にあり、トッセリ通り(vie Toselli)とデグリ・ウフィツィ通り(vie Degli Uffizi)の間にあり、ポンテ・ディ・メッツォ(Ponte di Mezzo)の南の入り口近くにあります。
おそらくピエトロ・ガンバコルティ(Pietro Gambacorti)からの委託でトマソ・ピサーノ(Tommaso Pisano)が設計し構築されました。ガンバコルティ一家は、バルデラ(Valdera)に広大な財産を所有する裕福なピサの商人貴族の一族でした。
14世紀のファサードゴシック様式で、エレガントなマリオン窓があります。背面には、17世紀のファサードもあり、半円形の切妻の高い窓と、メディチ家の紋章のある美しい門があります。
15世紀に宮殿は仕様を変更し、私的な用途ではなく、公の行政機関、海の領事館、税関、そしてその後にピサ市の修道院の席になりました。1533年に個人所有に戻り、デル・ティニョーソ(Del Tignoso)家に渡され、両側の2つの建物の内側から組み込まれ、今日でも複合体の一部を形成していますが、外側からは異なる建物として表示されます。 18世紀、ロレーナ(Lorena)公国はそれを取り戻し、治安判事を配置しました。19世紀には、州公文書館、消防隊兵舎、市警が収容されていました。
今日、パラッツォ・ガンバコルティは市政の建物となっています。
内部には、ピサの海戦の勝利を祝うフレスコ画があります。
「パラッツォ・ガンバコルティ」・wikipedia-photo、「リア・ファサード」・wikipedia-photo、「リア・ポータル」・wikipedia-photo、玄関ホール・wikipedia-photo、現在市議会会議に使用されているバレアレスホール・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、パラッツォ・ガンバコルティ(Palazzo Gambacorti)の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Palazzo Gambacorti – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がパラッツォ・ガンバコルティです。

カメラ北東方向が「リア・ファサード」です。

市議会会議に使用されているバレアレスホールのカメラです。

パラッツォ・ガンバコルティ(Palazzo Gambacorti)の部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*