ピサ大司教宮殿

マーカーはピサ大司教宮殿です。

ピサ大司教宮殿(Palazzo Arcivescovile)
[ピサ大司教宮殿は大司教広場の東端に位置し、宮殿は12世紀の遺跡の上に15世紀に建てられました。
宮殿は、石膏や隅に見えるプロファイリング石とのコントラスト、2列のフレームによって挟まれた、内窓とペディメント、一階テラスを支える大きな表玄関など、シンプルだが厳粛なファサードが特徴です。
シンプルで荘厳な中庭回廊壁には、ピサ大司教の胸像が設置され、中庭中央には18世紀の彫刻家 アンドレア・ヴァッカ(Andrea Vaccà)によるモーセの銅像があります。
大司教区図書館もこの建物の中にあり、歴代大司教の資料も保管されています。
大司教宮殿のファサード・wikipedia-photo、大司教宮殿の中庭・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ピサ大司教宮殿の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Archdiocese of Pisa – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がピサ大司教宮殿です。

ピサ大司教宮殿中庭のカメラです。

ピサ大司教宮殿中庭の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*