墓所(カンポサント)

マーカーは墓所(カンポサント)です。

墓所(カンポサント・Camposanto Monumentale di Pisa)ピサ大聖堂
[カンポサント記念碑(「記念墓地」)またはカンポ・サント・ヴェッキオ(「古い墓地」)としても知られるカンポサントは、イタリアのピサの大聖堂広場の北端にある歴史的建造物です。
「カンポサント」は文字通り「聖地」と訳できます。12世紀にピサの大司教ウバルド・ランフランキ(Ubaldo Lanfranchi)が第三回十字軍からピサに持ち帰ったゴルゴタの大量の聖なる土の周りに建てられたと言われているからです。伝説によれば、その地面に埋葬された死体はわずか24時間で腐敗するという。墓地は、かつて大聖堂があった場所に立っていたサンタ・レパラタ教会の古い洗礼堂の遺跡の上にあります。
「記念碑」という用語は、ピサの後に確立された都市墓地と区別するのに役立ちます。
歴史
この建物は、大聖堂広場で4番目に建てられた最後の建物でした。ゴルゴタから土を持ち込んでから一世紀が経ち、初期の埋葬地に建てられました。この巨大な長方形のゴシック様式の回廊の建設は、1278年に建築家ジョヴァンニ・ディ・シモーネ(Giovanni di Simone)によって始められました。ピサがジェノヴァに対するメロリアの海戦で敗北したとき、彼は1284年に亡くなりました。 墓地は1464年に完成しました。
建物は実際の墓地ではなく、サンティッシマ・トリニタ(Santissima Trinità・最も聖なる三位一体)と呼ばれる教会であったようですが、建設中にプロジェクトが変更されました。しかし、最初の部分は西側のものであり(少なくともしばらくは言及された教会であるべきです)、そして、東部のすべてが最後に建設され、最終的に構造が閉鎖されました。
建物
外壁は43のブラインドアーチ(開口部が開口しておらず壁になっている)で構成されています。2つの出入り口があります。右側のものは優雅なゴシック様式の幕屋によって飾られています。聖母マリアと子供を含み、四人の聖人に囲まれています。 ジョヴァンニ・ピサーノの追随者による14世紀後半の作品です。これが元の入り口のドアでした。いくつかの墓は中央の芝生の上にありますが、ほとんどの墓はアーケードの下にあります。内側のコートは、細身のマリオンと多葉の網目模様のある精巧な丸いアーチに囲まれています。
墓地には3つの礼拝堂があります。最も古いものはアンマナティ礼拝堂(1360)で、その名前はピサ大学の教師であるリゴ・アンマナティ(Ligo Ammannati)の墓に由来しています。 1518年にジョヴァンニ・デッラ・ロビア(Giovanni della Robbia)によって作られた祭壇がありました。アウラ礼拝堂では、ガリレオガリレイが振り子の動きの計算に使用したオリジナルの線香も見ることができます。このランプは、ガリレオが大聖堂の内部で見たもので、現在はより精巧なものに置き換えられています。最後の礼拝堂は、1594年にピサのカーロ・アントニオ・ダル・ポッツォ(Carlo Antonio Dal Pozzo)の大司教から依頼されたダル・ポッツォ礼拝堂です。ヒエロニムス(St. Jerome)に捧げられた祭壇と小さなドームがあります。2009年のこの礼拝堂では、大聖堂の遺物が翻訳されました。遺物には、12人の使徒のうち11人の遺物、真の十字架の2つの破片、キリストのいばらの冠からのとげと聖母マリアのドレスの小さな断片があります。また、ダルポッツォ礼拝堂ではミサが執り行われることもあります。
石棺(サルコファガス)
カンポ・サントには古代ローマの石棺の膨大なコレクションが含まれていましたが、古代ローマとエトルリアの彫刻と骨壺のコレクションと共に84のみが残っており、現在はベストリーボードの博物館にあります。
石棺は当初、大聖堂の周りにあり、多くは建物自体に取り付けられていました。墓地が建てられるまで、それは牧草地の真ん中に集められました。カルロ・ラシニオ(Carlo Lasinio)は、カンポサントのキュレーターであった年に、墓地内にある種の考古学博物館を作るためにピサに広がっていた他の多くの古代の遺物を収集しました。現在、石棺は壁の近くのギャラリー内にあります。
フレスコ画
広大な建物の壁は、2600平方メートルを超えるフレスコ画で覆われており、システィーナ礼拝堂よりも広大です。フランチェスコ・トレイニ(Francesco Traini)に起因する最も早いものは、南西の角に1336-1341年に描かれました。最後の審判、地獄、死の勝利、テバイド(砂漠の父の物語)は、通常、ブオナミーコ・ブファルマッコ(Buonamico Buffalmacco)の作品と言われ、黒死病(ペスト)の年の数年後に描かれました。フレスコ画のサイクルは、北ギャラリーにあるベノッツォゴッツォリ(Benozzo Gozzoli・15世紀)による旧約聖書の物語に続き、南アーケードにはアンドレア・ボナイウティ(Andrea Bonaiuti)、アントニオ・ヴェネツィアーノ(Antonio Veneziano)、スピネッロ・アレティーノ(Spinello Aretino)によるピサン・セインツの物語(Stories of Pisan Saints・1377年-1391年)、およびタッデオ・ガッディ(Taddeo Gaddi)によるヨブ物語(Stories of Job・14世紀末)がありました。 同じく、北のギャラリーには、ピエロ・ディ・プッチオ(Piero di Puccio)による創世記の物語がありました。最後の画は17世紀初頭のものです。
1944年7月27日、連合軍の襲撃による爆弾の破片がカンポサントで火災を引き起こし、3日間焼失し、木材の鉛屋根が崩壊しました。屋根の破壊は墓地内のすべてのものにひどく損傷を与え、ほとんどの彫刻と石棺を破壊し、すべてのフレスコ画を傷つけました。フレスコ画を救うための最初の努力は、「アメリカ陸軍記念碑、美術、およびアーカイブプログラム(Monuments, Fine Arts, and Archives program)」の美術担当官ディーン・ケラー(Deane Keller)によって組織されました。フレスコ画の断片が回収され、さらなる損傷を防ぐために一時的な屋根が建てられました。
第二次世界大戦後、修復作業が始まりました。屋根は戦前の外観にできるだけ近く復元され、フレスコ画は壁から分離されて保管され、他の場所に展示されました。フレスコ画が削除されると、シノピーと呼ばれる予備の図面も削除されました。これらの下絵は、フレスコ画で使用されているのと同じ手法を使用して分離され、現在は広場の反対側にあるシノピエ美術館にあります。
塗料層を木製の支持体に固定するために最初に使用されたカゼイン接着剤の接着性は、金型が接着剤に浸透した後に失敗しました。彼は、すべての絵を新しい支持体に貼り付け、再び移し、再び貼り付けることを要求しました。これには、すべての絵画の接着材を取り除いて、再度別の接着剤を塗布して、新しいサポートに貼り直す必要がありました。壁内の結露がパネルに染み込むのを防ぐために、合成繊維に織り込まれたセンサーの精巧なシステムが壁とパネルの間に配置されました。これらのセンサーは、壁の温度を10分ごとに周囲温度の3度以内に調整し、結露を防ぎます。
修復キャンペーンは、2005年のブオナミーコ・ブファルマッコ作サイクル画の一部を再インストールして終了しました。2014年に『テーバイド(Thebiad)』フレスコ画、2015年に『地獄』、2017年に『最後の審判』、そして2018年7月の『死の勝利』で完了しました。
ザカンポサント・wikipedia-photo、中庭・wikipedia-photo、2012年に描かれたインテリアの廊下・wikipedia-photo、死の勝利・wikipedia-photo]

死者達の回廊 第6日目-ピサ・カンポサント編 : fafaccioのHokkaido …」、「第10話(ピサ:カンポサントの壁画は迫力満点だった) : ペンギンの …

Camposanto – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が墓所(カンポサント)で、カメラ東南東方向が大聖堂、カメラ南西方向が洗礼堂です。

カメラ北北西方向が墓所(カンポサント)入口で、入口上に『壁龕に聖母子像を囲む4人の聖人と跪く寄贈者の彫像』があります。

墓所(カンポサント)南回廊のカメラで、カメラ西北西方向が入口になります。

墓所(カンポサント)南回廊東側のカメラで、南壁のフレスコ画は『死の勝利』です。(2019年11月画像)

墓所(カンポサント)東回廊のカメラで、カメラ南方向の壁にはフレスコ画は『死の勝利』はまだありません。また、カメラ東方向がダル・ポッツォ礼拝堂入口です。(2009年5月画像)

ダル・ポッツォ礼拝堂内のカメラです。

墓所(カンポサント)東回廊北側のカメラで、カメラ東方向右の入り口がダル・ポッツォ礼拝堂入口です。

墓所(カンポサント)北回廊のカメラで、カメラ北方向がアンマナティ礼拝堂です。

墓所(カンポサント)北回廊西側のカメラで、北壁は2012年修復されたフレスコ画ピエロ・ディ・プッチオ(Piero di Puccio)による創世記の物語です。(2018年3月画像)

墓所(カンポサント)西回廊のカメラです。カメラ方向右の横たわる女性「文芸の女神・ウーラニアー」が上にある墓は18~19世紀に活躍した彫刻家ロレンツェ・バルトリーニ(Lorenzo Bartolini)が創作した墓です。(「天文の女神ウラーニア | フィレンツェガイド日記」より)]

墓所(カンポサント)南回廊西側のカメラです。

墓所(カンポサント)南回廊のカメラで、カメラ初期設定方向右壁の口が入口になります。

墓所(カンポサント)中庭のカメラで、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*