フィンセント・ファン・ゴッホ

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 – 1890年7月29日)は、1853年、オランダ南部のズンデルトで牧師の家に生まれた。1869年、画商グーピル商会に勤め始め、デン・ハーグロンドンパリで働くが、1876年、商会を解雇された。その後イギリスで教師として働いたりオランダのドルトレヒトの書店で働いたりするうちに聖職者を志すようになり、1877年、アムステルダムで神学部の受験勉強を始めるが挫折した。1878年末以降、ベルギーの炭坑地帯ボリナージュ地方で伝道活動を行ううち、画家を目指すことを決意した。以降、オランダのエッテン=ルール(1881年4月-12月)、デン・ハーグ(1882年1月-1883年9月)、ニューネン(1883年12月-1885年11月)、ベルギーのアントウェルペン(1885年11月-1886年2月)と移り、弟テオドルス(通称テオ)の援助を受けながら画作を続けた。オランダ時代には、貧しい農民の生活を描いた暗い色調の絵が多く、ニューネンで制作した『ジャガイモを食べる人々』はこの時代の主要作品である。
1886年2月、テオを頼ってパリに移り、印象派新印象派の影響を受けた明るい色調の絵を描くようになった。この時期の作品としては『タンギー爺さん』などが知られる。日本の浮世絵にも関心を持ち、収集や模写を行っている。1888年2月、南フランスのアルルに移り、『ひまわり』や『夜のカフェテラス』などの名作を次々に生み出した。南フランスに画家の協同組合を築くことを夢見て、同年10月末からポール・ゴーギャンを迎えての共同生活が始まったが、次第に2人の関係は行き詰まり、12月末のファン・ゴッホの「耳切り事件」で共同生活は破綻した。以後、発作に苦しみながらアルルの病院への入退院を繰り返した。1889年5月からはアルル近郊のサン=レミにある療養所に入所した。発作の合間にも『星月夜』など多くの風景画、人物画を描き続けた。1890年5月、療養所を退所してパリ近郊のオーヴェル=シュル=オワーズに移り、画作を続けたが、7月27日に銃で自らを撃ち、2日後の29日に死亡した。発作等の原因については、てんかん統合失調症など様々な仮説が研究者によって発表されている。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホより)

フィンセント・ファン・ゴッホの生涯紹介サイト – 『「フィンセント・ファン・ゴッホ | 名古屋市【愛知県青い鳥医療療育センター】

フィンセント・ファン・ゴッホ(出生-グーピル商会(1869年-1876年))フィンセント・ファン・ゴッホ(聖職者への志望(1876年-1880年))フィンセント・ファン・ゴッホ(エッテン(1881年)-アントウェルペン)フィンセント・ファン・ゴッホ(パリ(1886年-1888年初頭))フィンセント・ファン・ゴッホ(アルル(1888年-1888年12月))フィンセント・ファン・ゴッホ(サン=レミ(1889年5月-1890年5月))フィンセント・ファン・ゴッホ(オーヴェル=シュル=オワーズ(1890年5月-7月)-死(1890年7月))

Google Earth で街並散歩(ヨーロッパ篇)で紹介したフィンセント・ファン・ゴッホ作品を所蔵する美術館
アイルランド国立美術館アシュモレアン博物館アテネウム美術館アムステルダム国立美術館アムステルダム市立美術館ヴィンタートゥール美術館クレラー・ミュラー美術館クレラー・ミュラー美術館-フィンセント・ファン・ゴッホの作品一覧ケルビングローブ美術館・博物館ゴッホ美術館ゴッホ美術館-フィンセント・ファン・ゴッホの作品一覧シュテルヌベルク宮殿(国立美術館)ジュネーヴ美術・歴史博物館スウェーデン国立美術館スコットランド国立美術館ダヴィッド&アリス・ヴァン・ビューレン美術館チューリヒ美術館ティッセン・ボルネミッサ美術館デン・ハーグ市美術館バーゼル市立美術館バイエラー財団美術館ビュールレ・コレクションベルギー王立美術館ベルン美術館リヨン美術館ローマ国立近代美術館ロダン美術館サマセット・ハウス(コートールド・ギャラリー)ナショナル・ギャラリーオルセー美術館ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館

Google Earth で街並散歩(ヨーロッパ篇-2)で紹介したフィンセント・ファン・ゴッホ作品を所蔵する美術館
アルテ・ナショナル(旧ナショナル・ギャラリー)ヴァルラフ・リヒャルツ博物館シュテーデル美術館ノイエ・ピナコテークフォルクヴァンク美術館ブダペスト国立西洋美術館ブレーメン美術館ベルヴェデーレ宮殿上宮(オーストリア・ギャラリー)

Google Earth で街並散歩(北米・オセアニア遍)で紹介したフィンセント・ファン・ゴッホ作品を所蔵する美術館
アーマンド・ハマー美術館オンタリオ美術館カナダ国立美術館クイーンズランド美術館ゲティ・センターバーンズ・コレクションボルティモア美術館ニューヨーク近代美術館シカゴ美術館メトロポリタン美術館ソロモン・R・グッゲンハイム美術館ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館ノートン・サイモン美術館フィラデルフィア美術館ボストン美術館

Google Earth で街並散歩(江戸遍)で紹介したフィンセント・ファン・ゴッホ作品を所蔵する美術館
SOMPO美術館アーティゾン美術館国立西洋美術館

Google Earth で街並散歩(街道遍)で紹介したフィンセント・ファン・ゴッホ作品を所蔵する美術館
ポーラ美術館