アレクサンドル3世橋

マーカーはアレクサンドル3世橋です。

アレクサンドル3世橋
[アレクサンドル3世橋(仏 : Pont Alexandre III)はフランス、パリのセーヌ川に架かる橋である。この橋はフランス共和国の大統領サディ・カルノーロシア皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、ニコライ2世によりパリ万国博覧会_(1900年)にあわせて建設、パリ市に寄贈された。橋は鋼鉄製、幅40m、長さ107mで3つの関節を持つ単一アーチ橋で、中央に橋脚を建てることなくセーヌ川を一跨ぎしている。両端には石造りのトンネルがある。アレクサンドル3世橋の礎石は1896年にニコライ2世によって設置され、1900年のパリ万博に際して落成した。橋の右岸、下流側には「1900年4月14日、フランス共和国大統領エミール・ルーベがパリ万博を開会し、アレクサンドル3世橋を除幕した」と記された記念碑がある。
装飾
アレクサンドル3世橋はアールヌーヴォーの街灯、天使やニンフの像、ペーガソスといった華麗な装飾で有名である。 4隅の17mの高さの柱の上にはそれぞれ、「●芸術(Emmanuel Frémietによる)、●農業(Gustave Michelによる)、●闘争(Pierre Granetによる)、●戦争(Clément Steinerによる)」を意味する女神像が立っている。
また、装飾にはそれぞれテーマがあって、「●中世のフランス、●近代のフランス、●ルネサンスのフランス、●ルイ14世のフランス」となっている。
アレクサンドル3世橋・wikipedia-photo、「1900年、パリ万博当時のアレクサンドル3世橋」・wikipedia-photo、アンヴァリッドを望む・wikipedia-photo  (wikipedia・アレクサンドル3世橋より)]

アレクサンドル3世橋 – Google Map 画像リンク

アレクサンドル3世橋上のカメラです。

カメラ東方向がアレクサンドル3世橋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*