エリゼ宮

マーカーはエリゼ宮です。

エリゼ宮
[エリゼ宮殿(Palais de l’Elysee)は、パリ市内にある宮殿で、現在のフランス共和国大統領官邸である。1718年、フランスの貴族、エヴェール伯爵のために建てられた宮殿で、その後、ルイ15世(在位:1715年 – 1774年)の愛妾として知られるポンパドゥール夫人や、ナポレオン(在位:1804年 – 1814年、1815年)の皇后ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネが住まいにしていたこともある。また、1815年、ワーテルローの戦いに敗れたナポレオンはエリゼ宮殿で2度目の退位書に署名した。大統領官邸として使用されたのは、1873年からで、エリゼ宮殿を官邸とした大統領は、ニコラ・サルコジ大統領で21人目である。フランス国家憲兵隊所属フランス共和国親衛隊の衛兵によって厳重な警備体制が敷かれている。宮殿内部は特定の参観日以外見学できない。宮殿脇のエリゼ通りから庭園を鉄格子越しに見ることができる。エリゼ宮の西隣にはフランスの迎賓館として用いられる公館オテル・ド・マリニー(Hôtel de Marigny)がある。
エリゼ宮正門・wikipedia-photo、エリゼ宮・wikipedia-photo  (wikipedia・エリゼ宮より)]

エリゼ宮殿 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がエリゼ宮です。

エリゼ宮前庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*