オステルリッツ高架橋

マーカーはオステルリッツ高架橋です。

オステルリッツ高架橋
[オステルリッツ高架橋 (Viaduc d’Austerlitz) は、フランスパリセーヌ川に架かるメトロ5号線の鉄道橋である。
メトロのオステルリッツ駅とケ・ド・ラ・ラペ駅の間にある。この二つの駅は地上にあるので間にあるセーヌ川を越えるにはトンネルではなく、橋でなければならなかった。しかし、この付近には既にオステルリッツ橋があり新しく橋を架けるにはセーヌ川を航行する船の邪魔になる橋脚を設けるわけにはいかなかった。そのため採用されたのは二重の放物線を描く鋼鉄のアーチ橋だった。工事は1903年の11月から1904年の12月まで行われ、140mのスパンを持つアーチ橋が完成した。その後1936年により重い列車が通過できるように補強されている。橋の装飾はメトロのほかの構造物も手がけたジャン・カミーユ・フォルミゲに委ねられた。貝、イルカなどの海の生物とパリ市の紋章が取り入れられている。
左岸(オステルリッツ駅側)下流側の橋下にはル・コルビュジエ設計による「救世軍のボート」(Louise-Catherine)が常時停泊している(wikipedia-photo右下に見える船)。また同じく左岸側の橋の脇はビエーヴル川の暗渠がセーヌ川と合流する地点でもある。
オステルリッツ高架橋・wikipedia-photo  (wikipedia・オステルリッツ高架橋より)]

オーステルリッツ高架橋 – Google Map 画像リンク」「Péniche Louise Catherine – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がオステルリッツ高架橋です。カメラ南南西方向にLouise-Catherineが停泊しています。

カメラ北方向がオステルリッツ高架橋で、カメラ西南西方向にオステルリッツ駅があります。