オテル・デ・ザンヴァリッド

マーカーはオテル・デ・ザンヴァリッド(ドーム教会)です。

オテル・デ・ザンヴァリッド
[オテル・デ・ザンヴァリッド(l’Hotel des Invalides)、通称アンヴァリッド(仏: Les Invalides)は、パリの歴史的建造物の一つ、旧・軍病院。廃兵院もしくは癈兵院とも書く。1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設として計画し、リベラル・ブリュアンが設計の指揮をとり1674年に最初の傷病兵たちが入った。建築史上有名なのは附属する礼拝堂の建築である。教会の建設は1677年に始まり、後に兵士の教会とドーム教会に分かれジュール・アルドゥアン=マンサールのもとで1706年に完成した。ドーム教会の地下墓所にはナポレオン・ボナパルトフランス皇帝ナポレオン1世)の柩が中央に置かれている。また、それを囲むようにして、ナポレオンの親族やフランスの著名な将軍の廟が置かれている。21世紀当初となっても100人ほどの戦傷病兵や傷痍軍人が暮らしている。一部は軍事博物館として公開されている。
アンヴァリッドの外観・wikipdia-photo、ナポレオンの棺・wikipdia-photo、中庭には馬関戦争でフランス海軍によって押収された長州藩の大砲の一部が展示されている・wikipdia-photo、「アンヴァリッドの聖ルイ教会(サン=ルイ教会)。隣接するナポレオンの棺の場所と併せて”ドーム教会”と呼ばれる。」・wikipedia-photo、アンヴァリッド全景・wikipedia-photowikipedia-photo、アンヴァリッド正面・wikipedia-photo、中庭(La cour d’honneur)・wikipedia-photo、中庭の夜景・wikipedia-photo  (wikipedia・オテル・デ・ザンヴァリッドより)]

アンヴァリッド廃兵院 – Google Map 画像リンク」、「Esplanade des Invalides – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がオテル・デ・ザンヴァリッドです。

オテル・デ・ザンヴァリッドの中庭

カメラ北方向がオテル・デ・ザンヴァリッド(ドーム教会)です。

カメラ北方向がオテル・デ・ザンヴァリッド(ドーム教会)です。

ドーム教会の地下墓所にあるフランス皇帝ナポレオン1世の柩

ドーム教会祭壇前のカメラです。

サン=ルイ教会(兵士の教会)身廊のカメラです。