オテル・ド・サンス(フォルネー図書館)

マーカーはオテル・ド・サンス(フォルネー図書館)です。

オテル・ド・サンス(Hôtel de Sens・フォルネー図書館)
[サン・ポール駅を出てマレ地区の南側を歩いていると、小さなお城のような外観の建物が見えてきます。これはサンス館というマレ地区に残る最古の邸宅です。中世の建物としてはマレ地区で一番古く、その時代の雰囲気をよく残しています。サンスという名前は、当時強大な権力を持っていたサンス大司教(Roman Catholic Archdiocese of Sens)から来ています。当時のパリはサンス大司教に管轄される一地区に過ぎませんでした(そのためサンスの街はパリよりも重要な位置を占めていました)。サンス館はサンス大司教がパリに滞在したときに使われた豪華な私邸で、1475年から1519年にかけて建てられた後期ゴシック様式と初期ルネサンス様式の間に当たる建物です。
フランス革命までは、サンス大司教の私邸として使われましたが、革命後にはジャム工場として使われたこともあったようです。大司教の豪華な私邸とジャム工場はイメージが全く結びつかないですよね。他にサンス館は馬車の御者や果物売り、帽子屋の場所としてもレンタルされ、パリの商業・流通の重要な位置を占めていました。今から約100年前の1911年には大きな改修が行われ、円錐形の小塔が付けられてゴシック風の建物になりました。
現在サンス館はフォルネー図書館(Forney Art Library, 1961~)として開放されています。篤志家サミュエル・エメ・フォルネーのコレクションによって創設された芸術・産業・産業技術の専門図書館です。
サンス館の前には美しい中庭があり、誰でも自由に入ることができます。  (「サンス館|パリ名所案内|パリ観光の写真|Photo of Paris」より)]

Library Forney – Google Map 画像リンク」、「Hôtel de Sens – Google Map 画像リンク」、「オテル=ド=サン庭園 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がオテル・ド・サンス(フォルネー図書館)です。

オテル・ド・サンス(フォルネー図書館)中庭のカメラです。

オテル=ド=サン庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*