オテル・ローザン

マーカーはオテル・ローザンです。

オテル・ローザン(英語:Hôtel de Lauzun、フランス語:Hôtel de Lauzun)
[オテル・ローザンは1650年から1658年にかけて、後年ヴェルサイユ宮殿の増築設計にかかわった ルイ・ル・ヴォー(Louis_Le_Vau・1612年 – 1670年)の設計で建造されたフランス・バロック様式の建造物です。
1682年に軍人でルイ14世(在位:1643年 – 1715年)の親衛隊長であったローザン伯爵(Antonin Nompar de Caumont)に購入されました。
作家であるロジェ·ド·ボーヴォワール(Roger de Beauvoir)は、1806年11月にここで生まれ住んでいたことがあります。
建物は1906年に歴史的建造物として指定され、1928年以来、ホテル·ド·ローザンは、パリ市が所有しています。

屋敷の中庭から、北棟のファサード

屋敷の中庭から、南棟のファサード。」

「オテル・ローザンの正面フォサード(セーヌ川側)」・wikipedia-photo、インテリア古写真・wikipedia-photo]

Hôtel de Lauzun – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がオテル・ローザン正面玄関です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*