オランジュリー美術館

マーカーはオランジュリー美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「オランジュリー美術館

オランジュリー美術館(英語:Musée de l’Orangerie、フランス語:Musée de l’Orangerie)
[オランジュリー美術館はフランスパリにある印象派ポスト印象派の美術館である。
セザンヌマティスモディリアーニモネピカソルノワールシスレースーティンなどの作品を収蔵している。1区のコンコルド広場の隣、テュイルリー公園内にセーヌ川に面して建っている。もともとはテュイルリー宮殿のオレンジ温室(オランジュリー)だったが、1927年、モネの『睡蓮』の連作を収めるために美術館として整備されたのである。
1965年からはフランスに寄贈された建築家ジャン・ヴァルテル(Jean Walter)と美術商ポール・ギヨーム(Paul Guillaume)コレクションの散逸を防ぐために保護に当たっている。
1999年8月から改装のため永らく休館が続いていたが2006年5月再オープンした。
上層階にモネの睡蓮の楕円形の部屋、下層階にコレクションの残りのギャラリーを備えた間取り図

オランジュリー美術館・wikipedia-photo、クロード・モネ『睡蓮』・wikipedia-photo、クロード・モネ『睡蓮』の展示の様子・wikipedia-photo  (wikipedia・オランジュリー美術館より)]

オランジュリー美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がオランジュリー美術館です。

オランジュリー美術館のインフォメーション

展示ホールのカメラです。

モネの『睡蓮』展示ホール・第1室 – カメラ初期設定方向が「睡蓮-朝」、右まわり順「睡蓮-日没」、「睡蓮-雲」、「睡蓮-緑の反射」。

クロード・モネ-睡蓮-朝 (Wikimedia Commons)

クロード・モネ-睡蓮-日没 (Wikimedia Commons)

クロード・モネ-睡蓮-雲 (Wikimedia Commons)

クロードモネ-睡蓮-緑の反射 (Wikimedia Commons)

モネの『睡蓮』展示ホール・第2室 – カメラ初期設定方向が「睡蓮-明るい朝の柳」、右回り順「睡蓮-樹木の反映」、「睡蓮-朝の柳」、「睡蓮-2本の柳」。

クロードモネ-睡蓮-明るい朝の柳 (Wikimedia Commons)

クロードモネ-睡蓮-樹木の反映 (Wikimedia Commons)

クロード・モネ-睡蓮-朝の柳 (Wikimedia Commons)

クロード・モネ-睡蓮-2本の柳 (Wikimedia Commons)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*