オルセー美術館

マーカーはオルセー美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「オルセー美術館

オルセー美術館(英語:Musée d’Orsay、フランス語:Musée d’Orsay)
[オルセー美術館 (Musee d’Orsay) は、フランスパリにある、19世紀美術専門の美術館である。印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。
オルセー美術館の建物はもともと1900年のパリ万国博覧会開催に合わせて、オルレアン鉄道によって建設されたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルであった。設計者はヴィクトール・ラルー(1850年 – 1937年)である。もともとオルセー駅はオルレアンやフランス南西部へ向かう長距離列車のターミナルであり、地下に10線以上のホームを備えていた。狭くて不便だったことから、1939年に近距離列車専用駅となり、駅施設を大幅に縮小した。その後、この建物はさまざまな用途に用いられ、一時は取り壊しの話もあったが、1970年代からフランス政府によって保存活用策が検討されはじめ、19世紀美術を展示する美術館として生まれ変わることとなった。こうして1986年、オルセー美術館が開館した。美術館の中央ホールは地下ホームの吹き抜け構造をそのまま活用している。建物内部には鉄道駅であった面影が随所に残る。現在ではパリの観光名所としてすっかり定着した感がある。なお、旧印象派美術館(ジュ・ド・ポーム国立美術館)の収蔵品はすべてオルセーに引き継がれている。
オルセー美術館の外観・wikipdia-photo、「オルセー美術館内部。奥に写っているのがオルセー名物の大時計。オルセー駅から付いていたものでターミナル駅オルセーの面影を残す」・wikipdia-photo、「『落穂拾い』(1857)ジャン=フランソワ・ミレー」・wikipedia-photo、「『草上の昼食』(1862-63)エドゥアール・マネ」・wikipedia-photo、「『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』(1863)ピエール=オーギュスト・ルノワール」・wikipedia-photo  (wikipedia・オルセー美術館より)]

オルセー美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がオルセー美術館です。

カメラ位置はオルセー美術館内(地上階)です。

オルセー名物の大時計前のカメラです。

ダンス』(1863-1869年)ジャン=バティスト・カルポー

カメラ位置はオルセー美術館内(地上階)の『退廃期のローマ人たち』(1847年)トマ・クチュール前で、左側にゴッホの案内標識があります。

カテゴリ:オルセー美術館のフィンセントファンゴッホの絵画」+「2人の子供」(1890年6月)(wikipedia-photo)

カメラ初期設定方向左から、「ガシェ医師の肖像」(1890年・commons.wikimedia)、「二人の少女」(1890年6月・commons.wikimedia)、「オーヴェルのガシェ医師の庭」(1890年・wikipedia-photo)、ゴッホ自画像(1889年9月・wikipedia-photo)、コーデビルのわらぶき屋根のコテージ(1890年・wikipedia-photo)

カメラ初期設定方向左「ゴッホ自画像」(1887年秋・wikipedia-photo)、右「ファンゴッホの寝室(第3バージョン)」(1889年9月・wikipedia-photo)です。

ファンゴッホの寝室(第3バージョン)

[第3バージョンは1889年9月にゴッホの母のためにサイズを縮小して複製して描かれたものである。後に松方幸次郎が購入しコレクション(いわゆる松方コレクション)に加えられていたが、第二次世界大戦当時はフランスに残され、サンフランシスコ講和条約による戦後賠償の一環として1959年にフランスの国有となり、現在はオルセー美術館にある。
1921年頃、松方がパリに滞在し絵を購入していた際には美術評論家の矢代幸雄が同行していた。この作品が、ルノアールの『アルジェリア風のパリの女たち』と共に画商で売りに出されていたため、矢代は「希代の傑作」であるとして松方に購入を勧めたが、松方は一度はこれを断り、矢代は落胆したという。しかし、その後、矢代が知らない間に松方はこの作品を購入していたことになる。  (wikipedia・ファンゴッホの寝室より)]

ファンゴッホ – カメラ初期設置方向左から『昼:仕事の間の休息(ミレーを模して)』(1890年)(wikipedia-photo)、『ウジェーヌ・ボック』(1888年)(commons.wikimedia)、『イタリアの女性』(1887年)(commons.wikimedia)、『アルルのダンスホール』(1888年)(commons.wikimedia)、『ジヌー夫人の肖像』(1888年)(commons.wikimedia)

ファンゴッホ作『ローヌ川の星月夜』(1888年9月)(wikipedia-photo)

( 拡大画像へリンク)
[ローヌ川の星月夜として一般に知られている星月夜(1888年9月、フランス語:LaNuitétoilée)は、フィンセント・ファン・ゴッホの夜のアルルの絵画の1つです。 ゴッホが当時借りていたラマルティーヌ広場の黄色い家から徒歩わずか1、2分のローヌ川のほとりが描かれています。絵のスケッチは、1888年10月2日に友人のウジェーヌ・ボックに送られたゴッホ書簡(現在アムステルダムゴッホ美術館にある)に含まれていました。現在パリのオルセー美術館にある星月夜は、1889年にパリのアンデパンダン展(Société des Artistes Indépendants)で初めて展示されました。ファン・ゴッホはアルルの公共庭園からの彼の絵画の1つを展示に含めることを提案しましたが、それはファン・ゴッホの弟であるテオによって追加されたゴッホのアイリスと一緒に展示されました。  (wikipedia・Starry Night Over the Rhôneより)]

ファンゴッホ作『オーヴェルの教会』(1890年6月)(wikipedia-photo)

[1890年5月20日、ファン・ゴッホはパリから北西へ30キロ余り離れたオーヴェル=シュル=オワーズの農村に着き、ポール・ガシェ医師を訪れた。ガシェ医師について、ファン・ゴッホは「非常に神経質で、とても変わった人」だが、「体格の面でも、精神的な面でも、僕にとても似ているので、まるで新しい兄弟みたいな感じがして、まさに友人を見出した思いだ」と妹ヴィルに書いている。ファン・ゴッホは村役場広場のラヴー旅館に滞在することにした。
ファン・ゴッホは、古い草葺屋根の家々、セイヨウトチノキ(マロニエ)の花を描いた。またガシェ医師の家を訪れて絵画や文学の話をしつつ、その庭、家族、ガシェの肖像などを描いた。6月初めには、さらに『オーヴェルの教会』を描いた。6月末から50cm×100cmの長いキャンバスを使うようになる。
7月27日の日曜日の夕方、オーヴェルのラヴー旅館に、怪我を負ったファン・ゴッホが帰り着いた。旅館の主人に呼ばれて彼の容態を見たガシェは、同地に滞在中だった医師マズリとともに傷を検討した。傷は銃創であり、左乳首の下、3、4センチの辺で紫がかったのと青みがかったのと二重の暈に囲まれた暗い赤の傷穴から弾が体内に入り、既に外への出血はなかったという。両名は、弾丸が心臓をそれて左の下肋部に達しており、移送も外科手術も無理と考え、絶対安静で見守ることとした。ガシェは、この日のうちにテオ宛に「本日、日曜日、夜の9時、使いの者が見えて、令兄フィンセントがすぐ来てほしいとのこと。彼のもとに着き、見るとひどく悪い状態でした。彼は自分で傷を負ったのです。」という手紙を書いた。翌28日の朝、パリで手紙を受け取ったテオは兄のもとに急行した。彼が着いた時点ではファン・ゴッホはまだ意識があり話すことが出来たものの、29日午前1時半に死亡した。37歳没。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#オーヴェル=シュル=オワーズ(1890年5月-7月)より)]

ピエール=オーギュスト・ルノワールの左『田舎のダンス』(1883年)と右『都会のダンス』1883年。

カメラ初期設定方向中央『少女アルフォンジン』(1879年)ルノワール(wikipedia-photo)、右『シャルパンティエ夫人』(1876-1877)(commons.wikimedia)、左『アルフォンスドーデ夫人』(1876年)(commons.wikimedia)

『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』(1863年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

カメラ初期設定方向中央・『すみれの花束をつけたベルト・モリゾ』(1872年)エドゥアール・マネ、右『エドゥアールマネ-ビーチで』(commons.wikimedia)

エドゥアール・マネの『笛を吹く少年』(1866年)

『草上の昼食』(1862-1863年)エドゥアール・マネ、

ジャン=フランソワ・ミレー作『晩鐘』(1857-59年)

ジャン=フランソワ・ミレー作『落穂拾い』(1857年)