オルセー美術館

マーカーはオルセー美術館です。

オルセー美術館

[Google アートプロジェクト] – 「オルセー美術館

[オルセー美術館 (Musee d’Orsay) は、フランスのパリにある、19世紀美術専門の美術館である。印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。
オルセー美術館の建物はもともと1900年のパリ万国博覧会開催に合わせて、オルレアン鉄道によって建設されたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルであった。設計者はヴィクトール・ラルー(1850年 – 1937年)である。もともとオルセー駅はオルレアンやフランス南西部へ向かう長距離列車のターミナルであり、地下に10線以上のホームを備えていた。狭くて不便だったことから、1939年に近距離列車専用駅となり、駅施設を大幅に縮小した。その後、この建物はさまざまな用途に用いられ、一時は取り壊しの話もあったが、1970年代からフランス政府によって保存活用策が検討されはじめ、19世紀美術を展示する美術館として生まれ変わることとなった。こうして1986年、オルセー美術館が開館した。美術館の中央ホールは地下ホームの吹き抜け構造をそのまま活用している。建物内部には鉄道駅であった面影が随所に残る。現在ではパリの観光名所としてすっかり定着した感がある。なお、旧印象派美術館(ジュ・ド・ポーム国立美術館)の収蔵品はすべてオルセーに引き継がれている。
オルセー美術館の外観・wikipdia-photo、「オルセー美術館内部。奥に写っているのがオルセー名物の大時計。オルセー駅から付いていたものでターミナル駅オルセーの面影を残す」・wikipdia-photo、「『落穂拾い』(1857)ジャン=フランソワ・ミレー」・wikipedia-photo、「『草上の昼食』(1862-63)エドゥアール・マネ」・wikipedia-photo、「『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』(1863)ピエール=オーギュスト・ルノワール」・wikipedia-photo  (wikipedia・オルセー美術館より)]

オルセー美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がオルセー美術館です。

カメラ位置はオルセー美術館内(地上階)です。

オルセー名物の大時計前のカメラです。

『ダンス』(1863-1869年)ジャン=バティスト・カルポー

カメラ位置はオルセー美術館内(地上階)の『退廃期のローマ人たち』(1847年)トマ・クチュール前で、左側にゴッホの案内標識があります。

ゴッホ自画像(1889年9月、1887年秋)、コーデビルのわらぶき屋根のコテージ(1890年)、ファンゴッホの寝室(第3バージョン・1889年)前のカメラです。

ピエール=オーギュスト・ルノワールの左『田舎のダンス』(1883年)と右『都会のダンス』1883年。

『少女アルフォンジン』(1879年)ルノワール

『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』(1863年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

すみれの花束をつけたベルト・モリゾ』(1872年)エドゥアール・マネ

『草上の昼食』(1862-1863年)エドゥアール・マネ、