カステル・ベランジェ

マーカーはカステル・ベランジェです。

カステル・ベランジェ
[カステル・ベランジェ(Castel Béranger)はパリの西部、セーヌ川を挟んだ16区のラ・フォンテーヌ通りにある建築物である。エクトール・ギマールが28歳の時に6階建て36戸のアパートとして設計した。カステル・ベランジェは、ギマールがブリュッセルにあるヴィクトール・オルタタッセル邸に感銘を受け、帰国後に設計変更を加えて完成させた。これはパリで最初のアール・ヌーヴォー建築となった。この建築物は、36戸すべてのプランが異なり、その部屋割りを反映して外観には砂岩煉瓦タイルと、さまざまな素材を寄せ集めた形となった。さらに、ベランダや換気口などには奇怪な生物のような鋳鉄細工まで付けられた。 このような統一感のない外観や薄気味悪い内装パネルなどから、アパートの名をもじって「おかしな館」と世間からは当初冷たい批判を浴びた。  (wikipedia・カステル・ベランジェより)]

カステル・ベランジェ – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がカステル・ベランジェです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*