カルティエ現代美術財団

マーカーはカルティエ現代美術財団です。

カルティエ現代美術財団
[1984年、パリ郊外のジュイ=アン=ジョザス(Jouy-en-Josas)に設立されたカルティエ現代美術財団は、10年後の1994年にパリ14区のラスパイユ大通り沿いへと拠点を移しました。著名なフランス人建築家のジャン・ヌーヴェル(Jean Nouvel/1945-)が設計したパリのカルティエ現代美術財団の建物は、美術展を開く建物としては異例の総ガラス張りの建築。クリアで透明な建物の内部は、外部の景色と一体化し、昼と夜とでまったく異なる表情を見せています。注文制作を受けたアーティストは、この建物と必然的に対話を行い、この空間ならではの作品を多く生み出してきました。ここパリのカルティエ現代美術財団は、アートを「展示する」ためだけの空間ではなく、クリエイターがアートを「創造する」ための空間でもあるのです。  (「カルティエ現代美術財団30周年 – メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド」より)]

SHIFT 日本語版 | PLACE | カルティエ財団現代美術館 – Shift Japan

カルティエ財団現代美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がカルティエ現代美術財団です。

カルティエ現代美術財団ホールのカメラです。

カルティエ現代美術財団外周庭園のカメラです。