カルーゼル凱旋門

マーカーはカルーゼル凱旋門です。

カルーゼル凱旋門
[カルーゼル凱旋門(仏:Arc de Triomphe du Carrousel) は、パリにある凱旋門である。 元テュイルリー宮殿だった公園内のカルーゼル広場に位置する。 1806年から1808年にかけて、前年のナポレオンの勝利を祝するために建設された。 カルーゼル凱旋門の近くにあって、より有名なエトワール凱旋門も同年に設計されたが、エトワールの大きさは2倍あり、完成までに30年を要している。
シャルル・ペルシエ Charles Percier 、ピエール・フランソワ・レオナール・フォンテーヌ Pierre François Léonard Fontaine 設計により、カルーゼル凱旋門は、ローマにあるコンスタンティヌスの凱旋門 (312 AD) をモデルに、1806年から1808年にかけて建設された。
最初に掲げられていた「サン・マルコの馬」は、1798年にナポレオンが、ヴェネツィアサン・マルコ寺院から得たものである。 1815年、ワーテルローの戦いフランス復古王政のあとフランスは、ウィーン会議に従ってヴェネツィアを併合したオーストリア帝国クアドリガを譲り渡した。 オーストリア人は直ちにクアドリガを、ヴェネツィアのもとあった位置に戻した。 1828年には、フランソワ・ジョゼフ・ボシオ男爵により彫刻されたクアドリガが起き直された。 これは、両側を金色の勝利に導かれた二輪戦車に乗る、平和の女神を表していた。 ナポレオンの凋落後の、フランス復古王政を祝したものであった。
カルーゼル凱旋門・wikipedia-photo、「メイン・アーチの下中央のバス・レリーフ」・wikipedia-photo、「テュイルリー宮殿前での観兵式。Hippolyte Bellangé 作。」・wikipedia-photo  (wikipedia・カルーゼル凱旋門より)]

カルーゼル凱旋門 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がカルーゼル凱旋門で、カメラ東方向にルーブル美術館があります。

カメラ西南西方向がカルーゼル凱旋門で、カメラ東南東方向にルーブル美術館があります。

カメラ初期設定方向が黄昏のカルーゼル凱旋門で、反転するとルーブル美術館があります。

カメラ西方向がカルーゼル凱旋門です。

カルーゼル凱旋門内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*