ガルニエ宮(オペラ座)

マーカーはガルニエ宮(オペラ座)です。

ガルニエ宮

[Google アートプロジェクト] – 「ガルニエ宮(オペラ座)

[ガルニエ宮(Palais Garnier)は、フランスの首都パリにある歌劇場である。単にオペラ座(l’Opera)と呼ばれることもある。パリ国立オペラの公演会場の一つである。建物の建設は、1862年7月21日に最初の礎石が置かれ、1874年12月に工事を終え、1875年1月5日に落成式が行われた。この劇場は設計者シャルル・ガルニエの名から「ガルニエ宮」と呼ばれることとなった。着工から完成までの十余年間のフランスには、1867年のメキシコ出兵の失敗、1870年の普仏戦争の敗戦とナポレオン3世の亡命(翌年没)、1871年のパリ・コミューンフランス第三共和政の発足などの大事件が多く、新劇場の工事を休むこともあった。外観および内装はネオ・バロック様式の典型と言われ、たくさんの彫刻を飾り、華美な装飾を施した豪華絢爛たるものである。
ガルニエ宮・wikipedia-photo、オペラ座通りからの眺め・wikipedia-photo、オペラ座通りから見る正面と屋根・wikipedia-photo、オスマン通りから見る裏側・wikipedia-photo、側面の銅の丸屋根・wikipedia-photo、中央入口の大階段・wikipedia-photo、大階段上の天井・wikipedia-photo、「大階段の正面、回廊、バルコニ」・wikipedia-photo、オペラレストラン・wikipedia-photo
ドイツ占領下でハーケンクロイツが掲げられた(1942年)・wikipedia-photo  (wikipedia・ガルニエ宮より)]

オペラ・ガルニエ – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がガルニエ宮(オペラ座)です。

ガルニエ宮(オペラ座)エントランスホールのストリートビューです。

ガルニエ宮(オペラ座)ステージ上のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*