ギャラリー・コルベール

マーカーはギャラリー・コルベールです。

ギャラリー・コルベール(Galerie Colbert)
[建設年度 – 1826年
場所 – プティ=シャン通り(Rue des Petits-Champs)6番地 – ヴィヴィエンヌ通り(Rue Vivienne)2番地
歴史的建造物指定 – 1974年7月7日
歩廊延長 – 83m
「ギャラリー・コルベールの歩廊」・wikipedia-photo]

[ギャルリ・ヴィヴィエンヌに並行するよう建てられたギャルリ・コルベールは現在国立図書館の分館であり鑑賞用のパサージュになっている。入り口で持ち物検査を受けて入ると中にはレストランが入っていてその他に店はない。ギャルリ・コルベールに通勤する人が多く、その他には学生が多かった。学生たちは朝から授業を受けており、ヴァルター・ベンヤミンなどの著名人の名がそのクラス名(もしくは授業名)となっていた。パサージュの最奥にはヴィーナス像がある。  (「パリのパサージュの魅力」より)]

[「ギャルリ・コルベールのロトンド」・wikipedia-photo、歩廊・wikipedia-photo]

Institut national d’histoire de l’art – Google Map 画像リンク

カメラ位置はプティ=シャン通りで、カメラ北北東方向がギャラリー・コルベールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*