ギュスターヴ・モロー美術館

マーカーはギュスターヴ・モロー美術館です。

ギュスターヴ・モロー美術館
[ギュスターヴ・モロー美術館(仏: Musée national Gustave-Moreau)は、フランスパリにある美術館である。画家ギュスターヴ・モローが1852年から暮らした邸宅が美術館として公開されている。
1852年、ギュスターヴ・モローはパリ9区ラ・ロッシュフーコー街にある邸宅に移り住み、そこを自宅兼アトリエとした。モローは亡くなる前からこの邸宅を自身の作品の展示場にすることを考えており、展示室も作っていた。モローの死後、邸宅はコレクションと共に国に遺贈され、1903年に美術館として開館した。
モローの油彩画・水彩画だけでなくデッサンも閲覧出来るようになっている。その作品数は14000点以上とも言われる。
美術館内部・wikipedia-photo
ギャラリー
自画像』(1850)、『求婚者たち』(1852-1853)、『レダ』(1865-1875)、『世界を照らすため父アポロンのもとを去るミューズ』(1868)、『プロメテウス』(1868年)、『刺青のサロメ』(1871)、『出現』(1876)、『ステュンパロス湖のヘラクレス』(1875-1880)、『人類の生』(1886)、『オデュッセウスとセイレーンたち』(1889)、『ユピテルとセメレ
(1894-1895)  (wikipedia・ギュスターヴ・モロー美術館より)]

ギュスターヴ・モロー美術館ホームページ

パリの美術館「ギュスターヴ・モロー美術館」_メルシーパリ.

ギュスターブ・モロー美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がギュスターヴ・モロー美術館です。

2階展示室、カメラ初期設定方向中央は『求婚者たち』(1852-1853)、右壁下左から二番目『世界を照らすため父アポロンのもとを去るミューズ』(1868)、カメラ西方向螺旋階段右に『レダ』(1865-1875)があります。

2階の奥、居室部分のカメラです。

3階展示室、カメラ南西方向角左に『プロメテウス』(1868年)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*