ケ・ブランリ美術館

マーカーはケ・ブランリ美術館です。

ケ・ブランリ美術館

[Google アートプロジェクト] – 「ケ・ブランリ美術館

[ケ・ブランリ美術館(仏: Musée du quai Branly)はパリ7区セーヌ川のほとりのケ・ブランリー(ブランリー河岸)にある美術館である。
ミッテラン時代の1995年より計画が開始され、2006年6月23日に開館した。 この美術館はアフリカアジアオセアニア南北アメリカの固有の文明・文化・芸術を扱っており、収蔵品は30万点に及ぶ。
この美術館を構想したのは、「原始美術」(プリミティブ・アート)の研究者・コレクターで原始美術についての著書も出版していたジャック・ケルシャシュ(Jacques Kerchache)であった。彼がルーブル美術館に原始美術部門を開設させようと運動し新聞にもその必要を寄稿をしていた1990年、パリ市長のジャック・シラクと会い意気投合した。
シラクが大統領となると、ルーブル美術館に原始美術部門を作る準備を始めさせ、同時に原始美術専門館の建設構想も開始した。シラクはジョルジュ・ポンピドゥ大統領がポンピドゥー・センターを作り、ミッテラン大統領がオペラ・バスティーユなどグラン・プロジェを推進したように、この計画を強力に推進し、自身の在任中の代表的な文化プロジェクトにしようとした。
ガラス張りで色とりどりの箱が突き出たような建物を設計したのはジャン・ヌーヴェルである。また、熱帯を思わせる美術館周囲の庭園はランドスケープ・アーキテクトジル・クレモン(Gilles Clément)の、建物外壁に植物が植えられた「生きた壁」は美術家・造園家のパトリック・ブラン(Patrick Blanc)の設計による。
所蔵品はヨーロッパ以外の世界の、古代から現代に至る美術品・民具・衣服・装飾品などである。これらはパリの人類博物館にあった民族学資料30万点と、国立アフリカ・オセアニア美術館にあった民族美術コレクション3500点からなる。巨大な内部空間には壁はなく、展示品はアフリカ・アジア・オセアニア・アメリカ各地域にゾーン分けされている。また写真、映像、音楽、文章など様々なメディアで諸民族の文化を紹介している。また常設展示以外にも館内の一部や庭園を使った特別展も開催され、多彩な収蔵品からテーマごとに選ばれた美術品が展示される。
「近くのエッフェル塔から見下ろすケ・ブランリ美術館」・wikipedia-photo  (wikipedia・ケ・ブランリ美術館より)]

ケ・ブランリ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がケ・ブランリ美術館です。

ケ・ブランリ美術館インフォメーションロビーのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*