サン・カンタン市場

マーカーはサン・カンタン市場です。

サン・カンタン市場
[サン・カンタン市場Marche de St-Quentinはバルベス駅から歩いて数分のところにあり、現在、パリに13ある常設市場(室内にある)のうちいちばん大きなもの。19世紀から20世紀にかけて建築されたもので、鉄骨とガラス張りでできているのが特徴。最近は消費者からの要請で午後も営業するようになりました。青空市場よりは値段も高いけれども、スーパーマーケットとは違い、お店の人と顔見知りになって「今晩のメニューはなんなの?」というような話がはずむところが、楽しいもの。  (「庶民の味方、タチTATIとバルベス市場 – AB-ROAD」より)]

[場所 85 bis, bd magenta 75010 Paris
メトロ:Gare de l’Est 
月曜休み
火曜~土曜  8:00~13:00 15:30~19:30   日曜 8:00~13:00
パリにマルシェはたくさんあれど、屋根つきの大きな建物の中にある常設マルシェは数が限られる。10区のマルシェ・サン・カンタンは、そんな数少ない常設マルシェの一つ。一般的には週に2日程度しか開かれないマルシェが多い中、月曜以外毎日開いている貴重な存在である。もともとは17世紀から今の東駅あたりで開かれていたサン・ロランの市が、18世紀になってサン・カンタン通りの市場にとってかわられ、さらに1866年に今のマジェンタ大通りに移った。歴史あるマルシェでもあるのだ。  (「パリのマルシェ 歴史ある常設マルシェ、サン・カンタン | パリ(フラン」より)]

Marché couvert Saint-Quentin – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がサン・カンタン市場です。

サン・カンタン市場内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*