サン・ジャン・ド・モンマルトル教会(アベス広場)

マーカーはサン・ジャン・ド・モンマルトル教会です。

サン・ジャン・ド・モンマルトル教会(Saint-Jean-de-Montmartre)
[サン・ジャン・ド・モンマルトル教会は、パリ18区のアベス通り(Rue des Abbesses)19にあります。
モンマルトルの麓に位置し、教会の建設における鉄筋コンクリートの最初の例として注目に値します。1894年から1904年にかけて建てられたこの建物は、ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクアンリ・ラブルーストの学生である建築家アナトール・デ・ボドー(Anatole de Baudot)によって設計されました。レンガとセラミックのタイル張りの構造は、アール・ヌーヴォーデザインの特徴を示しながら、軽量で透明な鉄筋コンクリートの優れた構造特性を活用しています。アール・ヌーヴォー・ステンドグラスは、パスカル・ブランチャード(Pascal Blanchard)の設計に従って、ジャック・ギャランド(Jac Galland)によって実行されました。 インテリアの彫刻はピエール・ロシュ(Pierre Roche)によるものでした。鉄筋コンクリート構造は、エンジニアのポール・コッタンシン(Paul Cottancin)によって開発されたシステムに従いました。建設には、新しい材料の特性に対する懐疑的な見方があり、これは、補強されていない石積みの建設のために定められた規則に違反しています。訴訟は建設を遅らせ、解体命令は建設が再開された1902年まで解除されなかった。
毎月第4日曜日の午後4時に教会のガイド付きツアーがあります。
「サン・ジャン・ド・モンマルトル教会」・wikipedia-photo]

アベス広場(アベス広場の北側にパリメトロ12号線アベス駅があります。)
[アベス駅はアール・デコ時代の建築が残るパリで2つのうちの一つで、沢山の観光客がやってきます。駅を上がるとアベス広場になっていて、そこにはアーティスト達が集まってきます。]

サン=ジャン=ドゥ=モンマルトル教会 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がサン・ジャン・ド・モンマルトル教会で、カメラ東方向がアベス広場です。

サン・ジャン・ド・モンマルトル教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*