シェ・プリュンヌ(Chez Prune)

マーカーはシェ・プリュンヌ(Chez Prune)です。

シェ・プリュンヌ(Chez Prune)
[サン・マルタン運河沿いにある開放感のあるカフェ。おしゃれな若者たちが集まる界隈の中心的存在だ。テラス席で日差しを浴びながらランチやアペリティフを楽しむのは最高に気持ちがいい。夜になると常連客や若手アーティストでいっぱいに。  (「パリ おすすめカフェ&サロン・ド・テ」より)]

[この店は現代のパリを象徴するようなカフェ。気楽さ、気取らなさ、移民や2世、3世たちの創り出す異文化の混じり合い、それをパリジャン風のセンスのよさでクラシックなものとミックスさせて、心地良いものを生み出していく…ちょっとコロニアルな雰囲気も感じられるこの店では、最近流行しているモロッコ風ミントティーも味わえます。小さなグラスになみなみと注がれたあたたかいミントティーは、砂糖の甘さとミントのほろ苦さ、後味のさわやかさが特徴的。2ユーロ程度ととてもお得で、飲んだ後にはスッキリとして元気になれます。
シェ・プリュンヌは食事にも力を入れているらしく、ランチ時には混み合うそう。私がいただいたカラフルなサラダとお肉料理はレバノン風なのか、見たこともない野菜や調味料が使われていましたがどれもとても絶妙で舌が喜ぶ味わいでした。   (「パリのカフェから広がる世界 | コラム | キャトル・セゾン」より)]

カメラ南南東方向がシェ・プリュンヌ(Chez Prune)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*