シャン・ド・マルス公園

マーカーはシャン・ド・マルス公園です。

シャン・ド・マルス公園
[シャン・ド・マルス公園は、フランスパリ7区にある公園である。公園の北西側にはエッフェル塔、南東側にはエコール・ミリテール(陸軍士官学校)が隣接している。 1855年を皮切りに、この公園ではパリ万国博覧会が何度も行われ、大きなパビリオンが林立した。1991年には、この公園を含むパリのセーヌ川周辺は「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録された。公園の名称は古代のローマ市にあったカンプス・マルティウスに因む。シャン・ド・マルスもカンプス・マルティウスも「マルス (ローマ神話)の野」の意であり、かつてこの場所が練兵場・閲兵場として利用されていたことによる。
1790年7月14日にフランス革命1周年記念祭である連盟祭が行われ、また、1791年7月17日にシャン・ド・マルスの虐殺が起こった場所でもある。1793年11月12日、ジャン=シルヴァン・バイイギロチンで処刑された。1794年6月8日には、テュイルリー宮殿からこの場所にかけて最高存在の祭典が催された。
エッフェル塔第3展望台(最上階)からの眺望・wikipedia-photo  (wikipedia・シャン・ド・マルス公園より)]

Bassins du Champ de Mars – Google Map 画像リンク

エッフェル塔からのシャン・ド・マルス公園。

ジャック・リュウ広場のカメラで、カメラ北西方向にエッフェル塔があります。

シャン・ド・マルス公園南端のカメラです。カメラ南東方向がエコール・ミリテール(陸軍士官学校)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*