チャイナタウン(19区)

マーカーはカメラ位置です。

チャイナタウン
[フランスには約80万人の中国系住民が住むと推定する説もある。ヨーロッパ最大の華人在住国である。華人のフランスへの移民の歴史は第一次世界大戦による人手不足でベトナム中国から約10万の出稼ぎ移民を呼んだことに始まる。当時は広東省潮州からの移民が中心で、リヨン駅周辺に最初の中華街が形成された。1970年代にはフランスの旧植民地であるインドシナから難民としてインドシナ在住華人が大量にフランスに逃れた。主として統一ベトナムの民族主義的政策により迫害を受け、ボートピープルとして脱出した人たちである。さらに中華人民共和国改革開放政策によって浙江省温州などからフランスへ移住する者が多く、その後は不況に陥った東北地方(旧満州)からも不法滞在を含む移民が増加した。
パリ13区のチャイナタウンはフランスだけでなく、欧州最大の中華街である。この地区には華人以外にベトナム人ラオス人も含まれる。アジア製品を販売する華人資本のスーパーマーケットや中国仏教寺院がいくつかあり、春節には獅子舞などの大パレードが通りを行進する。パリにはこのほか、19区のベルビル通りと18区のトルシー通りにも比較的大きなチャイナタウンが存在し、大部分がインドシナ出身華人である。  (wikipedia・ヨーロッパのチャイナタウンより)]

[パリの中華街として13区の次に有名なのが、19区のBelleville (ヴェルヴィル) 。メトロ11号線2号線が乗り入れていて、駅を降りるとすぐそこに中華街が広がっています。ちなみに、こちらのエリアは中華系だけでなく、他のエスニック系のお店も交じり合い、13区の中華街とはまた様子が異なります。  (「パリの中華街に行ってみよう! | パリナビ」より)]

[今週末は天気も良く、暖かかったので19区まで足を伸ばしてきました。我々の住むブーローニュからは全く反対側なので、最も遠い地区と言うことになります。まずはメトロ11号線のベルヴィル(Belleville)駅のところにあるパリ第2のチャイナタウンでランチです。実はここに来るのは初めてで特に知っている店はなかったので、お客さんで賑わっている店に入ってみることにしました(これが一番無難な方法ですよね・・・)。嬉しいことにこの店には写真入のメニューがあったので、とても助かりました。写真はヴェトナム風の汁無し麺。麺の上に載っているヌクナム入りのたれをかけて食べます。ご覧の通りヴェトナム風の揚げ春巻きも載っているのですが、これは本当に美味しかったです。良く周りを見てみるとお客さんの多くがこれをオーダーしてました。牛肉もとても柔らかく、酢漬けのにんじんやレタスとの相性も抜群でした。個人的には汁有り麺のフォーより好きかも知れません。  (「パリ19区、中華街、ラ・ヴィレット公園 (Parc de la Villette)」より)]

カメラ南方向・温州髪型屋という理髪店がある、改革開放政策以降の移住者だろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*