パサージュ・ヴァンドーム

マーカーはパサージュ・ヴァンドームです。

パサージュ・ヴァンドーム(Passage Vendôme)
[建設年度 – 1827年
場所 – ベランジェ通り(Rue Béranger16番地 – レピュブリック広場(Place de la République)3番地
歴史的建造物指定 – 1974年7月7日
歩廊延長 – 57m
「パサージュ・ヴァンドームのレピュブリック広場口」・wikipedia-photo]

[騒々しい広場と静かな裏通りベランジェ通りを結ぶ、パリの最東端に位置するパサージュ・ヴァンドーム。レピュブリック広場の南の隅、3番地にこのパサージュの入り口がある。修道院の一角に1800年に作られた屋根なしのパサージュ・ジュ・ド・ポームの後に、屋根付きのパサージュとして27年に建立された。フランス革命以前から、手工業と商業の地としても栄えていたトンプル界隈で、その2つを結んでいたのがこのパサージュ・ヴァンドームだった。最高の立地条件にありながら、完成後10年も経つとかつて40件ほどあった商店の客足が途絶える。19世紀中期には「誰にも見られない、蜜月のデートの待ち合わせに最適」ともからかわれた。現在でも、人目につかない約束の場所としてこのパサージュは十分に機能している。  (「パサージュ パリ夢散歩 – パリ、フランス おすすめレストラン …」より)]

パサージュ・ヴァンドーム – Google Map 画像リンク

カメラ位置はレピュブリック広場で、カメラ南西方向がパサージュ・ヴァンドームの入口です。

カメラ位置はベランジェ通りで、カメラ北北東方向がパサージュ・ヴァンドームの入口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*