パリの自由の女神像

マーカーはパリの自由の女神像です。

パリの自由の女神像
[フランスパリにある自由の女神像は、フランスがアメリカに自由の女神像を送ったことの返礼として、パリに住むアメリカ人たちがフランス革命100周年を記念して贈ったものである。セーヌ川グルネル橋のたもとに位置し、高さは11.5メートル、重さは14トンと、ニューヨークにあるものより小さめである。1889年11月5日に除幕式が行われた。同じくフレデリク・バルトルディの設計によるもので、除幕も彼の手によって行われた。左腕に抱える銘板には、フランス革命のきっかけとなったバスティーユ牢獄襲撃が起こった1789年7月14日の日付が刻まれている。また、パリ市内のリュクサンブール公園にも、さらに一回り小さな自由の女神像が置かれている。ニューヨークの彫像の準備作業のために作られたもので、1900年にリュクサンブール博物館に寄贈され、1906年にリュクサンブール公園内に設置された。
パリの自由の女神像・wikipedia-photo  (wikipedia・自由の女神像より)]

自由の女神像 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がパリの自由の女神像です。

カメラ北東方向がパリの自由の女神像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*