パリ造幣局

マーカーはパリ造幣局です。

[Google アートプロジェクト] – 「パリ造幣局」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

パリ造幣局
[パリ造幣局(フランス語:Monnaie de Paris、モネ・ド・パリ)は、フランスユーロ硬貨の生産を担当している国有企業である。連続稼働している造幣局としては最古のもので、創立は西暦864年である。パリペサックの二か所で運営されている。
元はフランス財務省下の「通貨とメダル局(Direction des Monnaies et Médailles)」であったが、2007年に独立した法人格となった。
歴史
西フランク王シャルル2世のピトル勅令によって、西暦 864年6月25日に設立された。したがって、フランス最古の行政機関となる。

パリ造幣局の施設
パリの施設
パリ造幣局(en:Hôtel des Monnaies, Paris)は、18世紀の建物でパリ6区に建っている。
最寄駅は、パリ地下鉄7号線のポンヌフ駅である。
一般市民に公開できるようにする2011年に開始された改装プロジェクト「メタルモルフォーゼ」が2017年9月30日に終了し、敷地内の80%が見学可能となった。「Musée du 11 Conti」と呼ばれ、希少なメダルなどのコレクションが展示されている貨幣博物館、イベント会場、レストランなどが入った複合施設となった。
造幣
フランスのユーロ硬貨の他、タイレバノンなど海外の硬貨製造を請け負っている。
パリ造幣局・wikipedia-photo  (wikipedia・パリ造幣局より)]

パリ造幣局 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がパリ造幣局です。

パリ造幣局中央中庭のカメラです。

パリ造幣局南中庭のカメラです。

パリ造幣局北中庭のカメラです。

パリ造幣局二階ホールのカメラです。

パリ造幣局展示コーナーのストリートビューです。