ボン・マルシェ百貨店

マーカーはボン・マルシェ百貨店です。

ボン・マルシェ百貨店
[ボン・マルシェ百貨店(Le Bon Marche)はフランス7区_(パリ)のバック通りにある百貨店。世界最初の百貨店と言われている。もともとはパリの流行品店(生地屋)のひとつだったが、1852年にアリスティッド・ブシコー(Aristide Boucicaut)によって買い取られ、夫人マルグリット(Marguerite)とともに、バーゲンセール、ショーケースによる商品の展示、値札をつけ定価販売を始めるなどの百貨店としてのシステムを確立、発展していった。 また返品を認めるなど今日の売手危険負担の概念に相当することも行い、小売店の社会的地位を高めることにも貢献した。1869年、店舗を改装するもブシコーは気に入らず、新たに建築家L. A. ボワローとギュスターヴ・エッフェルを雇い入れ、パリのオペラ座をモデルに再改装を行い、1887年に完成した。
「ボン・マルシェ百貨店」・wikipedia-photo、「夜のボン・マルシェ」・wikipedia-photo、「ボン・マルシェ内部」・wikipedia-photo  (wikipedia・ボン・マルシェ百貨店より)]

ボン・マルシェ百貨店 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がボン・マルシェ百貨店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*