マドレーヌ寺院

マーカーはマドレーヌ寺院です。

マドレーヌ寺院
[マドレーヌ教会、通称マドレーヌ寺院 (Eglise de la Madeleine)は、フランスの首都・パリ8区にある聖女マグダラのマリアを守護聖人とするカトリック教会ブルボン朝(1589年 – 1792年、1814年 – 1830年)末期に建設が開始され、フランス革命(1787年 – 1799年)により中断。後に建設が再開されるとナポレオン1世(在位:1804年 – 1814年、1815年)の命令でフランス軍戦没将兵顕彰に造営目的が変更され、1842年に完成。このときにはナポレオンが失脚したあとなので、ルイ18世(在位:1814年4月6日 – 1815年3月20日、1815年7月8日 – 1824年9月16日)によってカトリック教会に用途が変更された。このためその外観は、以下に述べるようにキリスト教の教会としてはかなり異例であるといえる。外観はコリント式の高さ30mの柱が52本並べるなど古代ギリシア古代ローマ神殿を模したネオ・クラシック様式である。 正面はルメール(Henri Lemaire)作の「最後の審判」の彫刻に飾られ、銅の扉にはトリケッティ(Henri de Triqueti)による「十戒」をテーマにしたレリーフが施されている。内部に入ると右側にプラディエ(w:James_Pradier)作の『聖母マリアの婚礼』像が、左側にはリュード(w:François Rude)作の『キリストの洗礼』」像が安置され、主祭壇はマロチェッティ(w:Carlo Marochetti)らによる『聖マグダラのマリアの歓喜』像で飾られている。アリスティッド・カヴァイエ=コルによって建造されたパイプオルガンは1849年に設置され、現在のものは1923年に修復を受けたものである。歴代のオルガン奏者は著名な演奏家・作曲家で占められ、その一人であるガブリエル・フォーレが「レクイエム」の初演を行ったことでも知られる。
マドレーヌ寺院・wikipedia-photo  (wikipedia・マドレーヌ寺院より)]

マドレーヌ寺院 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がマドレーヌ寺院です。

マドレーヌ寺院拝廊のストリートビューです。

マドレーヌ寺院身廊のストリートビューです。

マドレーヌ寺院祭壇前のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*