ムフタール通り

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    ムフタール通り
    [ムフタール通り (Rue Mouffetard (フランス語) ) は、パリ5区にある長さ605mの道路の名前である。多くのレストランやカフェ、市場がありパリでもっとも賑わう地域の一つとなっている。
    もともとこの通りは古代ローマ時代からケタリウス山(Mons Cetarius)と呼ばれていた山の脇を通る道だった。ムフタールという名は山の名前から来ている。時代によってモンフェタール(Montfétard)、モーフタール(Maufetard)、モフタール(Mofetard)、ムフタール(Moufetard)、ムフラール(Mouflard)、ムフタール(Moufetard)、モフタール(Moftard)、モスタール(Mostard)と名を変えてきた。また、サン-マルセル通り(rue Saint-Marcel)、フォーブール・サン-マルソー通り(rue du Faubourg Saint-Marceau)、ヴィエル・ヴィル・サン-マルセル通り(rue de la Vielle Ville Saint-Marcel)と呼ばれたこともある。中世には通りに沿って建つ教会がサン-メダール村の中心となっていた。1724年に村がパリに組み込まれてからは、大動脈であるフォーブール・サン-メダール通りになった。サント-ジュヌヴィエーヴ山の上にあったおかげでムフタール通りはオスマン男爵パリ改造で作り替えられることはなく、昔の面影を残している。
    ムフタール通りのマーケット・wikipedia-photo  (wikipedia・ムフタール通りより)]

    vol.18 ムフタール通りへ ―真木子さんの時間― | パリのマルシェから …

    ムフタール通り北端で、カメラ南方向がムフタール通りです。

    カメラ位置はコントルスカルプ広場(Place de la Contrescarpe)で、カメラ南方向、北方向がムフタール通りです。

    カメラ位置はエペ・ド・ボワ通り(Rue de l’Épée de Bois)交点です。

    ムフタール通り南端で、カメラ北北西方向がムフタール通りです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *