モンパルナス駅

マーカーはモンパルナス駅です。

モンパルナス駅
[モンパルナス駅の起源は1840年に開業したパリヴェルサイユ左岸線の起点駅である。開業時には「メーヌ城門桟橋(Embarcadère de la barrière du Maine)」と呼ばれていた。当時まだ存在していたフェルミー・ジェネロの城壁の外側の、現モンパルナス駅とほぼ同じ位置にあった。1849年にシャルトルまでの路線が開業すると駅は手狭になり市街地に近いモンパルナス大通りに接する位置に駅を移転することになり、ヴィクトール・ルノワールの設計による新駅が1852年に開業した。1895年10月22日にモンパルナス駅で起きた鉄道事故は、死亡者こそ1名であったとはいえ、鉄道史に刻まれる衝撃を残した。残っており、衝撃的な画像としてしばしば使用される。ロックバンド・Mr.Bigは1991年に発表したアルバム『リーン・イントゥ・イット』のジャケットにこの写真を使用した。1944年のパリの解放では、モンパルナス駅が重要な舞台となった。8月25日、南側からパリに入城した自由フランス軍第2機甲師団のフィリップ・ルクレールはモンパルナス駅に司令部を置き、ドイツ軍との市街戦の指揮をとった。同日16時頃、ドイツ軍のパリ駐留部隊司令官フォン・コルティッツが駅に出頭し、ルクレールとの会談の後降伏した。1960年代に入ると、パリの再開発の一貫としてモンパルナス駅を南に移転してメーヌ駅と統合し、跡地にオフィスビルとショッピングセンターを建設することになった。新駅への移転は1965年に行われた。この時点では駅舎は頭端側(現ポルト・オセアン)のみであり、パスツール大通りは単なる跨線橋だった。旧駅の跡地には1972年にモンパルナス・タワーが完成した。
外観・wikipedia-photo、モンパルナス駅・wikipedia-photo、駅構内のTGVwikipedia-photo、1895年の事故・wikipedia-photo  (wikipedia・モンパルナス駅より)]

[パリの南西部にあるパリ・モンパルナス駅は、パリ市内の主要鉄道駅のひとつです。ブルターニュ地方などフランス西部へ向かう列車が発着します。たとえば、ボルドーレンヌナントへは、パリ・モンパルナス駅から高速列車TGVでアクセス可能です。また、同駅にはメトロ4、6、12、13号線が乗り入れています。充実の設備を配したモンパルナス駅には、グランドボイジャー・ビジネスラウンジや世界最速の動く歩道があります。
交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄: パリ・モンパルナス駅はメトロ4、6、12、13号線が接続し、パリ市内各所を結びます。
バス:パリ・モンパルナス駅からバス路線28、91番が、ポルト・ドルレアン駅やバスティーユ駅(パリメトロ)に接続します。
タクシー: 駅の正面にタクシー乗り場があります。
空港:エア・フランスのシャトルバス路線4、1番がパリ・モンパルナス駅とパリ・シャルル・ド・ゴール空港を結びます。  (「パリ・モンパルナス駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

モンパルナス駅 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がモンパルナス駅です。

モンパルナス駅二階、モンパルナス駅券売機フロアのカメラです。

モンパルナス駅券売機前のカメラです。

モンパルナス駅プラットホーム前のカメラです。

モンパルナス駅プラットホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*