ラデュレ

マーカーはラデュレです。

ラデュレ
[ラデュレ(Ladurée)とは、1862年創業のフランスパリのパティスリー。マカロン・パリジャンの発祥のお店。
1862年、フランス南西部で製粉業を営んでいたルイ=エルネスト・ラデュレ(Louis Ernest Ladurée)が、当時新興ビジネス街として栄え、フランス屈指の高級職人たちが拠点としたパリのマドレーヌ界隈にあるロワイヤル店通り16番地にブランジェリーを開いた事から始まる。
1871年に火災が起き、ブランジェリーはパティスリーへと生まれ変わった。内装はオペラ・ガルニエの天井画などを手がけた有名なポスター作家、ジュール・シェレ(Jules Cheret)に託させた。シェレがロワイヤル店の天井に描いた「パティシエ天使」はその後、ラデュレを象徴する存在となる。
ルイ=エルネスト・ラデュレの妻、ジャーヌ・スシャールは、パリのカフェとパティスリーという2つの異なるジャンルをミックスさせることを思いつき、女性たちが自由に来ることの出来るパリで最初のサロン・ド・テが誕生した。
20世紀半ばに、ルイ=エルネスト・ラデュレの従弟ピエール・デフォンテーヌが2つのマカロンの間にガナッシュ(クリーム)を挟むことを提案した。「マカロン・パリジャン」の始まりである。以来、当時の作り方がそのまま守り続けられている。
現在ではフランスを始め、イギリス、日本、イタリア、レバノン、アメリカなど、国際的に展開している。  (wikipedia・ラデュレより)]

ラデュレ パリ ロワイヤル店 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向・右から2軒目がラデュレです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*