パリ・リヨン駅

マーカーはパリ・リヨン駅です。

パリ・リヨン駅
[「リヨン駅」という駅名はパリからリヨンへ向かう鉄道の起点、あるいは旧パリ・リヨン鉄道(後にパリ・リヨン・地中海鉄道を経て現SNCFの一部)の駅という意味である。パリ市内やその近郊では単に「リヨン駅」と呼ばれるが、全国版の路線図や時刻表、長距離列車の案内などではパリ・リヨン駅(Paris Gare de LyonまたはGare de Paris-Lyon)と呼ばれる。なお、リヨン市には「リヨン駅」という名の駅はない。駅前のルイ・アルマン広場からは、北へリヨン通りを介してバスティーユ広場に通じている。駅とセーヌ川の間には近代的なビルが林立しており、RATP本社ビルはこの地区にある。その南は経済・財政・産業省本館などのあるベルシー地区に通じる。また駅の北に位置するドメニル大通りではヴァンセンヌ線跡のアーチ下がブティック・アトリエ街になっている。セーヌ川対岸のオーステルリッツ駅へはシャルル・ド・ゴール橋を経由して徒歩で乗り換えが可能である。またベルシー駅も徒歩で連絡可能な距離にある。
リヨン駅の時計台(2005年7月)・wikipedia-photo、『「青」ホーム全景。左奥の屋根の外に「黄」ホームがある。』・wikipedia-photo、14号線ホーム・wikipedia-photo、構内の時計・wikipedia-photo、「シャルル・ド・ゴール橋対岸から見たリヨン駅(右)と周辺」・wikipedia-photo  (wikipedia・リヨン駅より)]

[リヨン駅はパリ市内にある7つの鉄道駅の一つで、主にフランスの南東方面の地方、外国ではスイスイタリア方面の電車が発着します。建物としては高い時計台の塔が特徴となっています。
リヨン駅ではメトロ1号線・14号線、イルドフランスのネットワークトランシリアン(Transilien)TGVリヨン、イタリアへの列車TGV Italie、スイスへの列車TGV Lyriaなどが発着しています。  (「リヨン駅[ガール・ドゥ・リヨン] | パリナビ」より)]

リヨン駅 – Google Map 画像リンク」「リヨン駅 – Google Map 画像リンク」「リヨン駅 – Google Map 画像リンク」

カメラ南方向がパリ・リヨン駅です。

パリ・リヨン駅のストリートビューです。

パリ・リヨン駅コンコース二階レストラン入口前からのカメラです。

パリ・リヨン駅プラットホームのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*