ロダン美術館

マーカーはロダン美術館です。

ロダン美術館(英語:Musée Rodin、フランス語:Musée Rodin)
[ロダン美術館 (Rodin Museum in Paris) は、フランスのパリ7区にある美術館である。オーギュスト・ロダンの自己の作品及びロダンがコレクションした美術品を中心として所蔵する。
美術館の建物自体は、1908年から亡くなるまでの10年間、ロダンがアトリエとして使い、そして暮らした「ビロン邸」(Hotel Biron)である。ビロン館は、幼君ルイ15世(在位:1715年 – 1774年)の摂政位クーデター計画の中心にいたメーヌ公爵夫人が、1753年に亡くなった地でもある。
1911年にフランス政府がビロン邸を買い取ることとなったときに、この館を気に入っていたロダンが、自己の作品及びコレクションを国家に寄付するので、美術館として残して欲しいと提案した。ロダンの死後の1919年に開館した。2005年に改修されている。
ロダンがアトリエ兼自宅としていた館がパリ近郊のムードン (Meudon) にもあり、そちらも美術館となっている。
主な所蔵作品
ロダンの彫刻6600点、デッサン7000点、その他ロダンが収集した絵画や彫刻が収められている。
●ロダン 「地獄の門」(英語:The Gates Of Hell/La Porte de l’Enfer)
●ロダン 「大聖堂」(Wikimedia Commons)

ゴッホタンギー爺さん』  (wikipedia・ロダン美術館_(パリ)より)]

ロダン美術館ホームページ

ロダン美術館 – Google Map 画像リンク」、「考える人 – Google Map 画像リンク」、「Les Trois Ombres, de Rodin – Google Map 画像リンク」、「Rodin Museum – The Gate of Hell – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がロダン美術館入場口です。

ロダン美術館前庭のカメラです。

前庭西側にある『考える人

前庭東壁にある『地獄の門』(The Gates Of Hell/La Porte de l’Enfer)

前庭北壁・ヴァレンヌ通り側にある『カレーの市民』-パリのロダン美術館(1926年鋳造、1955年に美術館に寄付)

パーマネントコレクション1階、5号室 – カメラ初期設定方向『3つの影』(博物館のコレクションのために1928年にAlexisRudier鋳造所によって作られたブロンズの砂型鋳造)、カメラ反転展示室中央『接吻_(ロダン)』の石膏像(オリジナルはロンドンのテート・ギャラリー)

パーマネントコレクション1階、17号室 – 『歩く男』(1907- 1913年にAlexisRudier鋳造所によって製造された鋳鉄)

カテゴリ:ロダン美術館のフィンセントファンゴッホの絵画

ゴッホ作『タンギー爺さん』(1887年から1888年の間)(wikipedia-photo)


[1886年2月末、ファン・ゴッホは、ブッソ=ヴァラドン商会(グーピル商会の後身)の支店を任されている弟テオを頼って、前ぶれなく夜行列車でパリに向かい、モンマルトルの弟の部屋に住み込んだ。部屋は手狭でアトリエの余地がなかったため、6月からはルピック通り(Rue Lepic)のアパルトマンに2人で転居した。モンマルトルのフェルナン・コルモンの画塾に数か月通い、石膏彫刻の女性トルソーの素描などを残している。
同居のテオとは口論が絶えず、1887年3月には、テオは妹ヴィルに「フィンセントのことを友人と考えていたこともあったが、それは過去の話だ。彼には出て行ってもらいたい。」と苦悩を漏らしている。他方、その頃から、ファン・ゴッホは印象派新印象派の画風を積極的に取り入れるようになり、パリの風景を明るい色彩で描くようになった。テオもこれを評価する手紙を書いている。同じくその頃、テオはブッソ=ヴァラドン商会で新進の画家を取り扱う展示室を任せられ、クロード・モネカミーユ・ピサロアルマン・ギヨマンといった画家の作品を購入するようになった。これを機に、エミール・ベルナールや、コルモン画塾の筆頭格だったルイ・アンクタントゥールーズ=ロートレックといった野心あふれる若い画家たちも、ファン・ゴッホ兄弟と親交を持つようになった。彼が絵具を買っていたジュリアン・タンギー(タンギー爺さん)の店も、若い画家たちの交流の場となっていた。
ファン・ゴッホは、プロヴァンス通りにあるサミュエル・ビングの店で多くの日本版画を買い集めた。1887年の「タンギー爺さん」の肖像画の背景の壁にいくつかの浮世絵を描き込んでいるほか、渓斎英泉の『雲龍打掛の花魁』、歌川広重の『名所江戸百景』「亀戸梅屋舗」と「大はし あたけの夕立」を模写した油絵を制作している。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#パリ(1886年-1888年初頭)より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*