ノートルダム・ドゥ・ロレット教会

マーカーはノートルダム・ドゥ・ロレット教会です。

ノートルダム・ドゥ・ロレット教会
[ノートルダム・ドゥ・ロレット教会は、パリの9区にある教会です。 19世紀に建てられた新古典主義建築で、ノートルダム・ド・ロレット(Sainte Maison de Lorette)に捧げられ、歴史的な記念碑(Monument historique)に分類されています。
最初の礼拝堂
コケナール通り(現在のラマルティーヌ通り(Rue Lamartine))にあるポルシェロン(Porcherons)の住民のために最初の礼拝堂が建てられました。この礼拝堂の建立日は不明ですが、同日に同胞団が設立されたため、1646年に建てられました。
1790年、聖職者民事基本法によりこの礼拝堂は、パリ教区の52の都市教区の1つであるサンピエール・ド・モンマルトル(Saint-Pierre de Montmartre)の教区の支部と見なされ、教区司祭はサイモン・ニコラス・カステラン(Simon-Nicolas Castelan)であり、ジャン=クロード=アンジェリーク・ラピペ(Jean-Claude-Angélique)神父が唯一の奉仕をしていました。
パリ市は、フォーブール・モンマルトル通り(Rue du Faubourg-Montmartre現在のシャトーダン(Châteaudun)の交差点近く)60-62の1760年に建てられ、1846年に破壊されたサン・ジャン・ポルト・ラテン(Saint-Jean-Porte-Latine)礼拝堂を購入します。そこにノートルダム・ドゥ・ロレット教会を確立しました。
現在の教会
1821年、現在の教会を建設する決定が下されました。1822年1月3日の王室の条例(フランス復古王政)がこの教会の建設を規定し、10人の建築家間の競争が開かれました。ルイ=イポリット・ルバは、土の性質上必要な高床式の建築を提供する唯一の建築家です。
元々、教会は北に開くことでしたが、パリからラフィット通り(Rue Laffitte)が開通すると計画は逆転しました。
最初の石は1823年8月25日にフランス王ルイ18世(在位: 1814年 – 1815年3月20日、1815年7月8日 – 1824年)の治世中に敷設され、1836年にフランス王ルイ・フィリップ(在位: 1830年 – 1848年)の下で建設が完了しました。
1871年5月13日、パリ・コミューンの期間中、教会は一部がシャトーダン兵舎の名で州兵の兵舎に、別の部分が軍隊に対する不応性者のための刑務所に変わりました。
ギュスターヴ・カイユボットの兄であるアルフレッド・カイユボット(Alfred Caillebotte)は、ノートルダム・ド・ロレットの司祭の一人でした。
教会は、1984年12月28日に全体として歴史的建造物に分類されました。
ノートルダムドロレット教会ファサード・wikipedia-photo、パリの歴史パネル(Panneau Histoire de Paris)・wikipedia-photo]

ロレット・ノートルダム教会 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がノートルダム・ドゥ・ロレット教会です。

ノートルダム・ドゥ・ロレット教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*