ヴォージュ広場

マーカーはヴォージュ広場です。

>

ヴォージュ広場(Place des Vosges)
[ヴォージュ広場は、1605~1612年にアンリ4世 (フランス王)によって造られた、パリで最も古い広場です。広場の名称も最初は「ロワイヤル広場/王の広場」だったのだが、フランス革命によって1800年に改称。ヴォージュとは、フランス東部の地方の名である。当時ヴォージュ県が最も速く税金を納めていたため感謝の意を表して、この名称がつけられた。広場は、140×140メートルの正方形で、左右対称の庭園の中央には、ルイ13世の騎馬像が立っている。これは、革命時に破壊され、その後1818年に再建されたものです。  (「ヴォージュ広場 メルシーパリ.ネット」より)]

[ヴォージュ広場・wikipedia-photo、パノラマ・wikipedia-photo、「コルトーの四噴水の一つ、1825年。」・wikipedia-photo、ヴォージュ広場の東側・wikipedia-photo、ヴォージュ広場の北側・wikipedia-photo、ヴォージュ広場の西側・wikipedia-photo、ヴォージュ広場にあるアーケード・wikipedia-photo、夜のアーケード・wikipedia-photo]

ヴォージュ広場 – Google Map 画像リンク

ヴォージュ広場南側中央のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*